体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリンピック関連書籍 読むとしたら?

 もう閉幕してしまいましたが、世界中を熱くしたロンドンオリンピック。日本勢の活躍を見るために、毎日寝不足になったという人も多いのではないでしょうか。
 書店に行くと、そんなアスリートたちが執筆した本が並んでいるのを見かけますが、そこで質問です。
 あなたがもしオリンピック関連本を読むとしたら、どんな本がいいですか?

 新刊JP内でアンケートを実施。「オリンピック関連書籍 読むとしたら?」という質問を、新刊JPユーザーの皆さんに聞いてみました。(アンケート集計期間:2012年8月6日から2012年8月22日午後11時、有効投票数148票)
 その結果はこちら!

1位 出場選手による自伝        27%
2位 監督によるマネジメント本     22%
3位 料理や観光など、開催国に関する本 19%
4位 選手がオススメしていた本     19%
5位 競技の様子を写した写真集     11%

 というわけで、1位は「出場選手による自伝」という回答でした。あの瞬間、どう考えてプレーしていたのか? 私生活で心がけていることは? たくさんの学びが得られそうですね。
 2位は「監督によるマネジメント本」。リーダーの立場に立っている人はに多くのヒントを得られそうです。そして同率3位は「料理や観光など、開催国に関する本」「選手がオススメしていた本」。そして5位は「競技の様子を写した写真集」という結果となりました。

 あなたはオリンピック関連書籍、読むとしたらどんな本を読みたいですか?
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
小説家の気持ちを味わうことができるスポーツ
話ベタは○○○○新聞を読むと良い?
モウリーニョに見る、優秀なリーダーの特徴

エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。