体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Intel製プロセッサを搭載したAndroidスマートフォンがロシアで発売

ロシアの大手キャリアのMegaFonは現地時間8月22日、Intel製プロセッサを搭載したAndroidスマートフォン「MegaFon Mint」の発売を発売しました。今回発売された「MegaFon Mint」は、Intel Atom Z2460”Medfield” プロセッサを搭載したAndriodスマートフォン。ロシアでIntelベースのAndroidスマートフォンが発売されるのはMintが初。Mintは、英国インドで販売されているMedfieldプロセッサを搭載したIntelのリファレンスデザインがベースとなっています。OSバージョンは明らかにされていませんが、おそらくAndroid 2.3(Gingerbread)だと思います。ディスプレイは4.03インチWSVGA(1,024×600ピクセル)のTFT液晶、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB。外部メモリは非対応。カメラは背面に800万画素CMOS、前面に130万画素CMOSを搭載。メインカメラでは1秒間に10枚の連写が可能。HDMI出力機能も搭載されています。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、NFC、Wi-Fiディスプレイ対応。本体サイズは123mm×63mm×9.9mm、質量は約117g。価格は17,990ルーブル(約44,700円)。Source : MegaFonAnandTech



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、Xperia arc SO-01Cのソフトウェアアップデートを中断、正常に起動しない事象が発生
Sony Mobile、Xperia SL LT26iiを台湾で披露
Galaxy S III GT-I9300のAndroid 4.1アップグレードが8月29日のUnpackedイベント後すぐに開始されるという噂

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。