ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

名古屋の味“寿がきや”

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
名古屋の味“寿がきや”

名古屋生まれの自分にとって、たまに無性に食べたくなるものがある。それは、スガキヤのラーメンである。
スガキヤは名古屋を中心にチェーン展開をするラーメン屋。東海地区に住んでいる、もしくは、住んでいたという人は一度は見たり、食べたりしたことがあるだろう。

スガキヤの魅力はなんといっても、お手ごろな値段にある。ラーメン一杯の値段は290円という値段設定。貧乏な学生でも十二分に手が届く価格になっているので、学生の客も多い。自分がよく食べるのは“肉入りラーメンデザートセット”というものだ(写真参照)。650円とやや値が張るが、小さなチャーシューがいくつも入っているラーメン、かやくご飯、ソフトクリームにチョコがかかったデザートで650円なら安いと思う。
気になった人もいるかもしれないが、ラーメンにアイスのデザートは合うのか? と疑問に対して自信を持って言いたい! 絶対に合う!!と。熱々のスープを飲んだ後に冷たいアイスを一口……。すると、口の中がちょうど適温状態になる。文字で表しても、わからないかもしれないが、ぜひ、一度試していただきたい。

もうひとつ、ラーメンのどんぶりにある、先がフォークみたいになっているスプーン。これはスガキヤが開発した『ラーメンフォーク』という画期的なものである。これを使えば、箸を使わなくてもラーメンが食べられるという優れもの。箸を使わずこのラーメンフォークのみで食べている人がいれば、その人はスガキヤ玄人であろう。

自分も久々にスガキヤが恋しくなり、食べてきた。ラーメンをすするたびに思い出す。幼いときに母に連れられていった近所のスーパーの二階のスガキヤ。高校時代の帰り道に途中下車し、食べに行ったスーパーのフードコート内のスガキヤ。プータローのときに今後どうすべきかと考えながら食べたオープンしたてのスーパー1階のスガキヤ。そして、今。名古屋を飛び出し関西で食べている、これまたスーパーの中にあって、1キロほど先のスーパーにも出店しているスガキヤ。思い出にひたりながら食べ続けていると、気づけば完食。

昔も今も変わらぬ思い出の味スガキヤ。ぜひ、みなさんも一度、食す機会があれば、食べていただきたいと思う。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「しみず」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。