ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ニコン、Android 2.3搭載のコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S800c」を9月下旬に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ニコン、Android 2.3搭載のコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S800c」を9月下旬に発売


ニコンがコンデジにAndroidを搭載しました!
ニコンイメージングジャパン(以下、ニコン)は22日、コンシューマ向けのコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX(クールピクス)」シリーズの新製品4モデルを発表した。

このうち「COOLPIX S800c」(以下、S800c)は、Android 2.3(開発コード名:Gingerbread)を搭載したモデルで、Wi-Fi経由でSNSなどに撮影した画像の投稿ができる。発売は9月下旬予定で市場販売価格は47,800円程度になるもよう。

S800cは、ニコンから発売されるコンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジ)だ。従来のコンデジと大きく異なる点はスマートフォンやタブレットなどに採用されているプラットフォームAndroidを搭載している点。発売当初のAndroidのバージョンは2.3.3で、その後のアップデートについては未定。

通信機能は無線LANとBluetoothを搭載している。無線LANは、IEEE 802.11b/g/nを、Bluetoothはver.2.1 + EDRで、A2DPのプロファイルをサポートする。通信機能に3GおよびLTE、WiMAXなどは搭載されていない。

CPUは「Coretex-A9」、搭載するメモリはROMが4GB、RAMが512MBとなる予定。内蔵メモリのユーザー領域は画像保存領域が約1.7GB、アプリケーション保存領域が約680MB割り当てられるという。外部メモリは最大32GBまでのSD/SDHCメモリーカードに対応する。

Google Play Storeから各種アプリケーションをダウンロードできるほか、撮影した画像をFacebookやTwitter、Google+といったSNSにすぐにアップロードすることが可能。また、Bluetoothを用い、オフラインで他のBluetooth搭載デバイスに撮影画像を転送できる点も特長。

本体サイズは幅約111.4mm×高さ60.0mm×奥行27.2mm(突起部除く)で、重さは184g。有効画素数1602万画素のCMOS、レンズは光学10倍ズームが可能なNIKKORレンズを搭載。静止画の最大サイズは16Mで4608×3456、動画の最大サイズはHD 1080pで1920×1080/30fps。

国内大手のカメラメーカーとしては初のAndroidを搭載したデジタルカメラとなる。 ミュージックプレーヤーにスマートフォン機能を持たせたiPod touchWALKMAN Zのようにカメラにスマートフォン機能を持たせることで新たな利用シーン、活用方法の創造が可能になっていく商品となり得るか注目すべきプロダクトだろう。

■COOLPIX S800cの主な仕様
サイズ(幅×高さ×奥行き)/重さ約111.4×60.0×27.2mm(突起部除く)/184g(バッテリー、SDメモリーカードを含む)プラットフォーム Android 2.3.3撮像素子1/2.3型原色CMOS、総画素数1679万画素有効画素数1602万画素レンズ光学10倍ズーム、NIKKORレンズ焦点距離4.5-45.0mm(35mm判換算25-250mm相当の撮影画角)開放F値f/3.5-5.8レンズ構成8群8枚(EDレンズ1枚)電子ズーム倍率最大4倍(35mm判換算で約1000mm相当の撮影画角)オートフォーカスコントラスト検出方式AFエリア顔認識オート、オート(9点)、中央、マニュアル(タッチパネルでAFエリアを選択可能)、ターゲット追尾顔認識AF2.0(認識人数)最大12人画像モニター3.5型ワイド有機ELモニター(タッチパネル)、反射防止コート付き、約82万ドット、輝度調節機能付き記録媒体・内蔵メモリー(画像保存領域:約1.7GB、アプリケーション保存領域:約680MB[地域によって異なります])
・SD/SDHCメモリーカードファイル形式静止画:JPEG
動画:MOV(映像:H.264/MPEG-4 AVC、音声:AACステレオ)撮影モードらくらくオート撮影モード、オート撮影モード、シーンモード(ポートレート/風景/スポーツ/夜景ポートレート/パーティー/ビーチ/雪/夕焼け/トワイライト/夜景/クローズアップ/料理/打ち上げ花火/モノクロコピー/逆光/かんたんパノラマ/ペット)、スペシャルエフェクトモード、ベストフェイスモード連写機能単写、連写H[約8コマ/秒で最大3コマ(16M)]、連写L[最大約1.5コマ/秒で約18コマ(16M)]、高速連写120fps(約1/120秒以上で50コマ連続撮影)、高速連写60fps(約1/60秒以上で25コマ連続撮影)、BSS(ベストショットセレクター)、マルチ連写(16コマ連続撮影)動画HD 1080p(初期設定):1920×1080/30fps、HD 1080p:1920×1080/30fps、HD 720p:1280×720/30fps、VGA:640×480/30fps、HS 240fps:320×240、HS 120fps:640×480、HS 60fps:1280×720、HS 15fps:1920×1080、手ブレ補正、風切り音低減可能ISO感度(標準出力感度)ISO 125 ~ 1600、ISO 3200(オート撮影モード時および連写モード時に設定可能)Wi-Fi通信方式IEEE 802.11b/g/n Bluetooth準拠規格 Bluetooth(ver.2.1 + EDR)、対応プロファイル A2DPカラーホワイト、ブラック付属品ストラップ、Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL12、本体充電ACアダプター EH-69P、USBケーブル UC-E6

記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
通話するのは恥ずかしい!?完全デジカメスタイルのデジカメケータイ「L-03C」を試す – S-MAX – ライブドアブログ
【年末企画】2011年に購入したスマートフォンでいろいろ振り返って私が薦めるベストバイはこれだ!(元ケータイ販売員・2106bpm編) – S-MAX – ライブドアブログ
NTTドコモ、1GHzデュアルコアCPUや防水に対応したデジカメっぽいスマートフォン「LUMIX Phone P-02D」を写真でチェック【レポート】 – S-MAX – ライブドアブログ
Android搭載、Wi-Fi対応モデル、手のひらサイズのプレミアムコンパクトモデル、快適タッチ操作のスリム高倍率モデルのCOOLPIX Sシリーズ3機種 「COOLPIX S800c」「COOLPIX S01」「COOLPIX S6400」を発売(ニコン)
ニコン

(http://news.livedoor.com/article/detail/6878431/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。