ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Nikon、Android 2.3搭載デジタルカメラ「Coolpix S800c」を正式に発表、9月下旬に発売予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Nikonが噂のAndroid搭載デジカメ「Coolpix S800c」を正式に発表しました。発売時期は9月下旬、価格はオープンですが、Nikonのオンラインショップ「Nikon Direct」では47,800円となっています。Coolpix S800cは、1602万画素の裏面照射型CMOSセンサー、光学10倍ズームのNIKKORレンズ、1080p@30fpsのフルHD動画を撮影可能で、Wi-Fi機能とGPS機能を備えたコンデジ。

Android 2.3(Gingerbread)が搭載されており、カメラで撮影した写真・動画をGoogle+やTwiter、FacebookといったSNSに直接アップロードしたりすることができます。Google Playにも対応しており、アプリはプリインストールされているGoogle Playストアから追加することもできます。今後提供されている「スマートデバイスへ転送」アプリを使えば、AndroidやiOSデバイスに対して画像や動画をワイヤレスで送信することができます。ディスプレイはタッチ対応の3.5インチFWVGA解像度の有機EL、プロセッサはCortex A9、RAM容量は512MB、内蔵ストレージの容量は4GB(画像用最大1.7GB、アプリ用最大680MB)、対応記録メディアはSD/SDHC。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR(A2DP)に対応します。通話機能や3G網への接続機能は非搭載。本体サイズは(縦)111.4mm×(横)60.0mm×(厚さ)27.2mm、質量は184g。カラーはブラックとホワイトの2色。 有効画素数:1602万画素 撮像素子:1/2.3型原色CMOS、総画素数1679万画素 レンズ:光学10倍ズーム、NIKKORレンズ 焦点距離:4.5-45.0mm(35mm判換算25-250mm相当の撮影画角) 開放F値:f/3.5-5.8 レンズ構成:8群8枚(EDレンズ1枚) デジタルズーム:最大4倍(35mm判換算で約1000mm相当の撮影画角) 手ブレ補正:レンズシフト方式と電子式の併用(静止画)レンズシフト方式(動画) ブレ軽減機能:モーション検知(静止画) オートフォーカス:コントラスト検出方式 撮影距離範囲:先端レンズ面中央から約50cm~∞(広角側)、約1.0m~∞(望遠側)、マクロモード時は先端レンズ面中央から約10cm(△マークから広角側)~∞ AFエリア:顔認識オート、オート(9点)、中央、マニュアル(タッチパネルでAFエリアを選択可能)、ターゲット追尾 ディスプレイ:3.5インチ有機EL、タッチ対応、反射防止コート付き、輝度調節機能付き 記録メディア:内蔵メモリー、SD/SDHCメモリーカード ファイルフォーマット:静止画はJPEG、動画はMOV(映像:H.264/MPEG-4 AVC、音声:AACステレオ) ISO感度:ISO 125 ~ 1600、ISO 3200 外部端子:USB、mini HDMI出力 ビデオ出力:NTSC、PALから選択可能 HDMI出力:オート、480p、720p、1080iから選択可能 バッテリー:Li-ion EN-EL12 寸法:111.4×60.0×27.2mm、質量は184g 通信機能:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v2.1+EDR(A2DP) プロセッサ:Cortex A9 メモリ:RAM 512MB、ROM 4GB PictBridge対応Source : Nikon



(juggly.cn)記事関連リンク
NHN Japan、スマートフォン向け無料通話・無料チャットアプリ「LINE」にクーポン機能を追加
NTTドコモ、「docomo Wi-Fi 永年無料キャンペーン」を9月1日より期間限定で実施
Google Playストアアプリの最新版v3.8.17が配信中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。