ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

室伏広治、母親の生活保護受給がネットで物議を醸す

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

22日、Web版「女性自身」は、ロンドン五輪陸上男子ハンマー投げで銅メダルを獲得した室伏広治の母親が、生活保護を受給していることを報じた。室伏の母親、セラフィナさんは、室伏の父親である重信氏と20年以上前に離婚している。

同誌の取材に室伏は「母親と何らかの関わりを持つことは父親への重大な裏切り」と回答。母親への援助を一切拒否していることも判明し、ネット掲示板で物議を醸している。

ネット掲示板では「離婚して戸籍も違うから別にいいんじゃないのかね。法的には赤の他人だぞ」「普通、離婚しても子供なら母親を助けたいと思うだろうから、よほど父親に酷い仕打ちでもしたんじゃないの?」と、室伏を擁護する声がみられた一方で、「白人の血がなければ投てき競技でメダルなんてあり得なかっただろう。大事にしてあげればいいのに」と、室伏に疑問を抱くユーザもいた。

また、一部に河本準一と同じように扶養義務を怠っているとして、騒動を拡大させようとしたユーザーもいたが、「離婚して何の付き合いも無いんだから問題ない。河本と一緒にするな」「河本の場合は母親との絆を売りにしていたから叩かれた。室伏とは違う」といった声が大半を占めた。

【関連記事】
室伏広治 実母が生活保護生活も「援助はしない」の絶縁宣言
室伏 IOC選手委員 選挙違反 動機と背景
釈明会見から3カ月 河本準一
本当に生活保護を受けるべきは誰か―片山さつき(参議院議員)、城 繁幸(Joe′s Labo代表取締役)、赤木智弘(フリーライター):前編 – 月刊誌『Voice』

(http://news.livedoor.com/article/detail/6877206/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。