ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

プロレスラー・小橋建太が骨折しても病院に行かないワケ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「Oh!どや顔サミット」(17日放送)では、「アスリートの奥様大集合!」として、プロサッカー選手、宇佐美貴史の妻でタレントの宇佐美蘭や、プロゴルファー谷原秀人の妻で元ハロー!プロジェクトのメンバーでもある谷原絢香らが出演した。

なかでも異彩を放っていたのは、プロレスラー・小橋建太の妻で演歌歌手・みずき舞の出演だろう。旦那の一風変わったところを「夫の怪我は日常茶飯事!いつも元気でいて欲しい」と紹介するや、怪我の絶えない小橋が、骨折をしても「骨折しているだけだよ」と病院に寄ることなく帰宅してくることや、痛みに鈍感になってしまったのか、家中の物にぶつかりまくるエピソードを明かした。

みずきは、「この間も、夜トイレに行って戻ってきたら、(小橋の)ここ(額)がパックリ割って、すごい血が出ていたので“どうしたの?”っていったら、トイレのドアにぶつけたみたいで」で苦笑い。

骨折しても病院に行かない点については、「この間も、骨折両膝したときも、そのまま帰ってきて玄関でバンって転んだんですけど、そこまでは自力で一生懸命帰ってきた。(小橋は)病院に行かないほうがいいという思いがあって、若手のころ、ジャイアント馬場さんに“プロレスラーは怪物であれ。病院には行くな”と教えられた」と説明。他の出演者から、「病院で(ファンに)見られると夢壊すってことですか?」と訊かれると、「そうですね。(プロレスラーは)怪物でないといけない」と話した。

また、みずき曰く、小橋はデート中であっても、ファンの人たちが集まってくるや、その胸に得意の逆水平チョップをしてあげるという。そのため、いつの間にか二人の前に行列ができていることも。「やってもらうと泣いて喜ばれる方も」と話したみずきに、司会の浜田雅功は「猪木さんのビンタみたいなもんか」と返したが、行列ができるまで一人一人に逆水平チョップをするというのも、ファン想いの小橋ならではのエピソードといえるだろう。

(http://news.livedoor.com/article/detail/6871227/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。