ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソニー、スマホやタブレット向けの新開発の積層型CMOSイメージセンサー“Exmor RS”を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ソニー、スマホやタブレット向けの新開発の積層型CMOSイメージセンサー“Exmor RS”を発表


ゼロから始めるスマートフォン
ソニーは20日、世界初となる独自の「積層型構造」を採用した新開発のCMOSイメージセンサー「Exmor RS(エクスモア アールエス)」を商品化し、2012年10月から順次出荷を開始すると発表しました。

Exmor RSは、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどに向けて開発された“積層型”CMOSイメージセンサーです。「積層型構造」の採用により、高画質化・高機能化に加え、小型化も両立されています。

今回商品化されるのは、1/3.06型有効1313万画素の「IMX135」、1/4型有効808万画素の「IMX134」、1/4型有効808万画素の「ISX014」の3モデル。「IMX135」と「IMX134」は、暗い部屋や夜でもきれいに撮影できる「RGBWコーディング」機能と、逆光でも色鮮やかに撮影できる「HDR(ハイダイナミックレンジ)ムービー」機能を搭載しています。一方、「ISX014」はカメラ信号処理機能を内蔵しています。

併せて、それぞれのイメージセンサーに、オートフォーカス機構付レンズユニットを搭載したオートフォーカス・イメージングモジュールも商品化されます。

業界最小1.12μm単位画素に最適化した新設計のレンズを採用することで、高解像度が実現されています。「IMX135」向けの「IU135F3-Z」は、F2.2の明るい高解像度レンズを採用。「ISX014」向けの「IUS014F-Z」は、イメージセンサーにカメラ信号処理機能を搭載し、オートフォーカスおよび画質の調整機能を内蔵したオールインワン・タイプのイメージングモジュールとなっています。

それぞれの型番、出荷時期、サンプル価格は以下のとおりです。

02 03

記事執筆:ゼロから始めるスマートフォン

ゼロから始めるスマートフォン
ソニー、スマホやタブレット向けの新開発CMOSイメージセンサー“Exmor RS”を発表 | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
Sony Japan | 世界初 積層型CMOSイメージセンサー“Exmor RS”とイメージングモジュールを商品化

(http://news.livedoor.com/article/detail/6871412/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。