ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東芝、ルートを覚えて4回掃除するスマートロボットクリーナーを発売【売れ筋チェック】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東芝、ルートを覚えて4回掃除するスマートロボットクリーナーを発売【売れ筋チェック】

家庭用自走式クリーナーの新製品としてスマートロボットクリーナー「Smarbo V(スマーボ ヴイ) VC-RB8000、VC-RB7000」が9月1日より発売される。

新製品は、掃除した場所を記憶しながら、部屋中をくまなく縦横2回計4回自動でお掃除しゴミの取り残しを防ぐ。2つのCPU(ダブルブレイン機能)とカメラ機能、45個のセンシング機能を搭載した独自のナビゲーションテクノロジーで、お掃除したルートを記憶できるということだ。充電器へも自動で戻り、途中で充電に戻る場合でも、取り残しがないよう中断した場所に戻って掃除をする。

また、ゴミを「しっかり」掃除するために、吸込み口の幅を広くした上に、横幅を広くした新開発のパワーブラシを備えた「4段階お掃除システム」が採用されている。「ダブルサイドブラシ」でごみをかき集め、「ワイドパワーブラシ」と「強力ファンモーター」でごみをかき上げ、「モップ(マイクロファイバークロス)」で床を拭き掃除できる。さらに、赤外線のゴミセンサーを搭載し、ゴミが多い箇所では念入りに2回廻って掃除。走行速度も、従来比で約7%向上しているということだ。従来機種より1.3cm低い注3本体高さ8cmの薄型ボディのため、ソファー、ベッドなどの下まで掃除でき、テーブルの脚回りも回り込んでしっかりお掃除してくれるのがうれしい。

(http://news.livedoor.com/article/detail/6870413/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。