体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンクとサントリーコーヒー「BOSS」がコラボレーション!限定2,000台の「ボス電」を9月7日から発売。さらに純金メダルを埋め込んだ「超ボス電」も10名にプレゼント

ソフトバンクとサントリーコーヒー「BOSS」がコラボレーション!限定2,000台の「ボス電」を9月7日から発売。さらに純金メダルを埋め込んだ「超ボス電」も10名にプレゼント


107SHをベースにしたボス電が発売!
ソフトバンクモバイルは20日、サントリーコーヒー「BOSS(ボス)」とのコラボプロモーションの一環として「プラチナバンドスタート記念キャンペーン」を実施し、「ボス電 SoftBank 107SH B」(以下、「ボス電」)を2,000台限定で販売することを発表した。8月21日(火)から予約受付を開始する。

また、9月7日より、新規もしくは機種変更でソフトバンクケータイを購入したユーザーを対象に、サントリーコーヒー「ボス レインボーマウンテンブレンド」に白戸(しらと)家のお父さんがデザインされた「お父さんボス(缶コーヒー)」をプレゼントするキャンペーンも実施する。

■ソフトバンクから2,000台限定のボス電が発売
ボス電は、ソフトバンクの今夏モデルとして現在発売中のシャープ製「PANTONE 5 107SH」(以下、107SH)をベースに「プラチナバンド」をイメージしたシルバー系のボディーカラーを採用、背面には「BOSS」の20周年オリジナルロゴをあしらったデザインになっており、限定数はわずかに2,000台というプレミアムモデル。

index_pic_02

ボス電ジャン(左)とボス電にプリインされるオリジナルコンテンツ(右)
ソフト面では「BOSS」仕様のブート画面(起動画面)やライブ壁紙、時計ウィジェットなどオリジナルのコンテンツもプリインストールされるという。

さらに、ボス電購入者には「ボス電ジャン」がプレゼントされる。こちらも「プラチナバンド」をイメージしたカラーを採用している。

■サントリーは、太っ腹の域を軽く超えた「超ボス電」をプレゼント
サントリー食品インターナショナル(以下、サントリー)では、9月4日(火)から「1000万円!超ボス電!当たる!」キャンペーンを実施する。本キャンペーンでは、ボス電背面にBOSSの20周年オリジナルロゴの純金メダルが埋め込まれる特別仕様の「超ボス電」が抽選で10名に当たる。

メダルが埋め込まれているだけではなく、高級ホテルの宿泊やレストランでの食事、国内・海外旅行など総額約1,000万円相当のサービスを一年間限定で楽しむことができる超プレミアムモデルとなっている。

l_11530-2

サントリーは「1000万円!超ボス電!当たる!」キャンペーンを実施する
キャンペーンの概要は以下の通り

▼キャンペーン名「1000万円!超ボス電!当たる!」キャンペーン
▼応募期間2012年9月4日(火)0時~10月15日(月)24時
▼応募方法
パソコン・携帯電話(スマートフォン含む)から「ボス20周年特設サイト」(http://www.s-boss.com)にアクセスし、参加登録を行います※3。登録後、1日1回サイト内のゲームに参加するとポイントが貯まり※4、週に1度抽選が行われ、登録したマイページで当選の可否がわかります。
※3 パソコン・携帯電話によるインターネットからのみの応募となります。
※4 ポイントが多いほど当選確率が高まります。
▼当選者数10名様
▼賞品概要
・「超ボス電」機種本体(機種名:「PANTONER 5 SoftBank 107SH」)
・サービス各種
 (1)通話料・パケット料などの利用料
 (2)ボス厳選の高級レストランでのお食事
 (3)ボス厳選の高級ホテル・旅館での宿泊
 (4)ボス厳選の国内旅行プランに参加
    (個別に国内線航空機や特急列車、ハイヤーの手配も可能)
 (5)ボス厳選の海外旅行パッケージへの参加
 (6)ボス厳選の高級スパのご利用
 (7)電子マネーの楽天Edyアプリに毎月10万円分のお小遣い
 (8)オンライン動画サービスのHuluが配信する、国内外の映画やテレビ番組が見放題
 (9)MAGASTOREが提供する電子雑誌が20万円分読み放題
    (一部雑誌を除く)
 ※(1)~(6)は当選者様に付与されたポイント内で自由にお使いいただけます。
 ※全て1年間限定のサービスです。

サントリーの缶コーヒー「BOSS」のブランディングを目的としてボス電のキャンペーンが初めて実施されたのは1999年で、当時NTTドコモ向けの「P501i」にオリジナルデザインを施したモデルが初代ボス電として登場した。その後「P290iS」、「P900i」、「P901i」と継続されていったが、いずれもドコモ向けのパナソニック製端末だったが、今回初めてソフトバンクモバイル向けのシャープ製端末がボス電に採用されたことになる。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。