ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MSがSkyDriveをアップデート!  その外観はまさに「Metro風」(旧称)に!【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
MSがSkyDriveをアップデート!  その外観はまさに「Metro風」(旧称)に!【デジ通】

マイクロソフト(以下、MS)が8月14日、同社のクラウドサービスの1つである「SkyDrive」をアップデートした。Windows 8の登場を控えたサービスのアップデートとして、MSとしてはかなりの入れ込みようで、そのアップデート内容からも気合いが入っていることがうかがえる。ということでさっそくレポートしてみよう。

■「Windows 8 RTM」前日の公開
SkyDriveのアップデートが公開されたのは、次期OSであるWindows 8のRTM版の提供が始まる前日。MSは、Windows 8のリリースに向けて、各種サービスの開発も急いでいるがSkyDriveもその一環だ。

外観については後ほど触れるが、従来のSkyDriveクライアントが抱えていたバグフィックスも行われている。とくにMacOS Xの最新バージョンである10.8(Moutain Lion)では正常動作しない問題もあったようなので、このバグフィックスは朗報だ。また、アイコンデザインもブルーを基調としたデザインに変更された。

スマホ向けクライアントはすでにiOSとWindows Phone向けに提供されているが、現在のところアップデートはされていない。近いうちにAndroid向けのクライアントが提供される予定ということなので、その際にアップデートされるかもしれない。

■「Metro風」(旧称)なタイル表示に
もっとも驚かされるのは、SkyDriveの外観だろう。Webでサインインすると冒頭写真のような画面になるが、まさに「Metro風」(旧称)だ。

※Metro UIからWindows 8スタイルUIという呼び方になった模様なので(旧称)としていることに注意。

SkyDrive上のファイルがタイル状に表示されているのが分かるだろう。なお、ブルーはフォルダで、濃いオレンジはPDFファイル、淡いブルーはWordファイル、グリーンがExcelファイル、オレンジがPowerPointファイルだ。

Officeファイルは、クリックするとWeb上で開くことができ、編集可能だ。なお、テキストファイル(TXT)や一太郎文書(JTD)はグレーで、Web上では開けず、閲覧・編集にはダウンロードするしかない。PDFファイルは、Web用のプラグインがインストールされていれば閲覧できる。

■操作感もより簡単に
外観だけではない。文書内容のインスタント検索機能、ツールバーの改善、ドラッグアンドドロップ操作の改良なども施されており、操作もぐっと簡単になっている。

ただ、クライアントソフトを起動すると、自動的に同期が始まる仕様なのは従来と同じだ。クライアント配布前からSkyDriveを利用している筆者にとっては、同期するフォルダを選ぶなどの機能がほしいところだが、その機能の搭載は見送られたようで残念である。

だが、今回のアップデートには、SkyDriveをきちんと育てていくというMSの姿勢が伺え、好感が持てる。Windows 8リリース後も、サービスも改良に努めてほしいところだ。

Sky Drive

大島克彦@katsuosh[digi2(デジ通)]

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

ITライフハック
ITライフハックTwitter

(http://news.livedoor.com/article/detail/6869207/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。