ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【2012年08月20日~08月26日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今週の1位

タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2012年08月20日~08月26日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:牡牛座

運気は好調。目標や夢に向けてあたためてきた計画を実行に移すときがきたようです。心強い協力者が現れるかもしれません。そのため自由にのんびりする時間は減ってしまいそうですが迷わず前に向けてまい進していきましょう。場の空気を読んだ言動は好感度アップ。

第2位:水瓶座

週の前半は現状維持が運気を安定させるポイントになりそうです。堅実に足固めをしていくことが今後に大きなプラスとなるでしょう。しかし週後半からは全く逆。新しいことにはどんどんチャレンジする精神がツキを呼びそうです。模様替えやイメチェンは吉と出ます。

第3位:蠍座

今週は自分が主役になるのではなく他者を引き立てることを意識して行動すると吉。自己主張は抑えあくまでも支援する立場でいることにより高い評価や信頼を得ることができるでしょう。相手の身になって考えることを心がけて。補佐的立場だからといって手抜きは禁物。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/243405 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:双子座
煩わしさや忙しさから一時的に解放される兆し。ただしはめを外しすぎると手痛いしっぺ返しの恐れ。特に対人面での不用意な発言には要注意。親しい間柄でも最低限の礼儀は忘れずに。むしろ全体に気を配れるときなのでグループ行動ではリーダーシップを発揮して吉。

第5位:蟹座
こまやかな気遣いや心配りが好印象を与えるでしょう。また落ち着いた物腰は信頼感を得るきっかけとなりそうです。恋愛運はやや不安定な傾向。ふたりきりの時間を多く持つより仲間を交えたほうが楽しく過ごせるでしょう。自分の意見を押し付けるような言動は控えて。

第6位:魚座
吉凶の緩急が激しい週となりそうです。調子が良いからといって浮かれていると突然絶不調の波に襲われるかもしれません。特に金銭運や健康運においてその傾向が顕著に出る可能性が大きいでしょう。目立つことを避け控えめで慎重な言動を心がけたほうが良さそうです。

第7位:乙女座
モチベーションを維持するのに苦労する週となりそうです。しかしあなたの心の持ちよう次第で周囲の反応が大きく変わるときでもあります。協力をとりつけたいのであればそれなりの言動を心がけましょう。ストレス解消には環境を変えてみるのが効果的。水辺にツキ。

第8位:牡羊座
うまくいかないことがあるなら仕切り直しの週にしましょう。まずはブレない価値観を自分のなかでしっかりと持つことが重要。また今の自分に不足している知識や技術などに目を向け向学心を持つことは運気アップにつながるでしょう。不安の芽は早いうちに摘むこと。

第9位:山羊座
現状打破するヒントや手助けは目上の人からもたらされる可能性が高そうです。耳が痛い話であっても謙虚に受け止めること。またいろんなことにおいてバランスが崩れている傾向にあるようです。自分のなかで全てに一度リセットをかけて整理する時間を持ちましょう。

第10位:獅子座
自分の力不足を痛感するできごとがあるかもしれません。しかしそこから学び取ろうとする向上心を持つことで大きな成長が得られるでしょう。すぐに結果には結びつかないかもしれませんが根気強く取り組む姿勢を大切に。新しい自分を発見するチャンスだととらえて。

第11位:射手座
引き続き運気は低迷中。手広くやろうとすると手に負えなくなりどれも中途半端なままに失敗する可能性。ひとつのことにじっくり集中して取り組んだほうが良さそうです。相手の立場に配慮しない言動は今後の人間関係に悪影響が。視点を変えてみることが肝要です。

第12位:天秤座
運気は低調。何をやってもうまくいかなかったりタイミングが合わないなどツキが離れていると感じることがあるかもしれません。健康面での不安が出てくる可能性もあります。無理に奮起しようとせずに小休止ととらえじっとこの低調期が過ぎるのを待つのが賢明です。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。