体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTC Jが台湾でも発売されるという噂

日本独自モデルとして今年5月にKDDIより発売されたHTCのAndroidスマートフォン「HTC J」が台湾でも発売される予定だとePriceが伝えています。海外展開されるかもしれません。HTC Jは4.3インチqHD解像度の有機ELディスプレイ、MSM8660A 1.5GHzデュアルコアプロセッサを搭載したHTC One S並みのスペックのAndroid 4.0スマートフォン。日本向けの筐体デザインや「おサイフケータイ」「赤外線通信」「ワンセグ」など日本独自機能を盛り込んだ、日本をターゲットにした端末で、GSM/WCDMA(ローミング用)/CDMA/WiMAX対応しています。ePriceによると、台湾モデルの筐体デザインは日本モデルとほぼ同じで、カラバリも日本と同じ3色で展開されるそうです。画像はePriceで公開sれていた台湾モデルとされる端末の画像。日本独自機能の有無に関する情報は伝えられていませんが、おそらく外されるでしょう。Soure : ePrice



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS Transformer Pad TF500TがFCCを通過
Android 4.0(ICS)になったXperia Pの新機能をチェック
Jelly BeanベースのCyanogenMod 10公式Nightlyビルドの提供が開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会