体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分が選んだニュースにコメントが!シェアで変わるITニュース活用法【ITニュースで目指せ情報通】

自分が選んだニュースにコメントが!シェアで変わるITニュース活用法【ITニュースで目指せ情報通】

猛暑でも極寒でもインターネットも情報はとどまることしらず、今日も新しいニュースや情報、事件が発信されています。

特にIT市場は、最新のガジェット、アプリ、サービス、テクノロジーがあふれています。
そんなIT関連の最新ニュースを素早く快適にチェックできるのが「ITニュース by livedoor ニュース(以下、ITニュース)」です。

ITニュースは、ネットの配信されたニュースや情報を読むだけのアプリではありません。

もっともITニュースが面白いのは、複数のニュース媒体から配信される最新のIT業界のニュースや動向、テクノロジー、Webサービス、カルチャーをカテゴリで一気にチェックできるのはもちろん、話題のニュースや重用な情報をFacebookやTwitterなどのSNSへ、Evernoteのようなアプリへ、メールで友人たちへと、自分のアンテナに感じた情報をネット上に発信できるところです。

IT業界には、話題の新製品、企業買収、すばらしいWebサービス、新しいテクノロジー、優れたコメントや評論など、実に多くの情報が毎日ながれていきます。

こうした情報の濁流の中から、宝石のような情報をピックアップして他のネットユーザーに使えて共有していくことで、ネットもさらにエキサイティングで面白いものになっていきます。そして多くのすばらしい情報をやりとりすることで、ITニュースを利用するあなたも、ネット上で存在感と発信者、キュレーターとして認められ、もっとインターネットの世界で活躍ができるでしょう。

ITニュースのシェア機能は、SNSだけでなくEvernoteやCatchNotesといったクラウドメモにニュースのタイトルとURLを保存することができます。こうしておけば、あとでパソコンなどで詳しく読み直すことや、関連したニュースをスクラップして情報を収集すれば、さらに自分の知識を大きくアップさせることができるでしょう。

今回は、ITニュースの便利なシェア機能の使い方やニュース記事をEvernoteなどのクラウドメモにクリッピングする方法など、キュレーターやイノベーター的な活用方法を紹介します。

■目指せキュレーター!ITニュースをFacebook・Twitterで発信しよう
キュレーターとは大量の情報をフィルタリングして、有益な情報を発信する人のことを言います。ITニュースなら大量のニュースをスワイプで次々に切り替えて情報を効率よくチェックでき、端末のメニューボタンを押して「シェア」ボタンをタップするだけで、TwitterやFacebookに素早く記事を投稿できるのでキュレーション作業もより早く、効率よくできます。

自分が選んだニュースにコメントが!シェアで変わるITニュース活用法【ITニュースで目指せ情報通】

話題の新製品や注目の新サービス、ネットでの事件など、見逃してしまいそうなニュースや情報をITニュースで漏らさずチェックしてシェアすれば、TwitterやFacebookで多くのフォロワーに広まり、さらに大きな話題やムーブメントとなっていくこともあります。
過去のどんな大きな話題も、最初は一つのつぶやき、一つのシェアから始まっているのですから。

■自分が選んだ記事にコメント、シェアが!自分と人がネットで繋がっていくSNS投稿
ITニュースで気になった記事や情報を見つけたらSNSに、まずは投稿してみましょう。

自分がシェアした記事に他の人から「いいね」がついたり、コメントがついたりして話題になれば、さらにほかの人にもシェアされて拡散されていきます、自分が注目して、良いと思った記事や情報が寄り多くに人に伝わっていくことはとても嬉しいことです。

また、シェアしたニュースや情報について、コメント欄で意見を交換できたりするので、新しい発見や人の出会いも楽しいコミュニケーションです。

自分が選んだニュースにコメントが!シェアで変わるITニュース活用法【ITニュースで目指せ情報通】

■ニュースを簡単クリッピング!Evernoteでニュースをスクラップ
毎日、膨大なニュースが流れていくインターネット。同じテーマの情報を追っていくのは、とても大変です。たとばエコ問題、ネットリテラシー、好きなブランドの製品など、見終わった記事は、ネットのアーカイブの中にしまわれ、あとで探し出すのはとても大変です。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。