体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウェブ業​界がろくろをまわすな​ら、アクション映画業​界はみんな横顔でキメていた

GREY

あなたが「この映画観たい」と思うきっかけはどんなことですか? 好きな俳優さんが出演しているから、原作が好きだから、監督のファンだから、予告編を観て面白そうだから、など様々なきっかけが考えられます。映画館や駅などに貼られているポスターを見て気になったから、という場合もあるでしょう。

夏はスカっとするアクション映画が観たくなる季節。今夏もたくさんのアクション映画が公開されます。御年60歳のリーアム・ニーソンが雪山で格闘する『THE GREY 凍える太陽』、名作『レオン』『ニキータ』に続くヒロインアクションの『コロンビアーナ』に、韓国No.1ヒットの『神弓』に、サミュエルが激渋い『コンフィデンスマン ある詐欺師の男』に……。って、よく見るとポスターが全部横顔! そう。以前話題になった「ウェブ業界の人はインタビュー時にろくろを回している」の様に、アクション映画のポスターはなぜか横顔のものばかり。

ウェブ業​界がろくろをまわすな​ら、アクション映画業​界はみんな横顔でキメているんです! これは偶然なのか必然なのか。真偽のほどを確かめに、配給会社「ショウゲート」さんの門を叩いた筆者。映画宣伝担当の方にお話を聞いてきました。

――こうして並べてみると、見事にみんな横顔ですが、これは偶然ですか? 意図的ですか?

ショウゲートさん(以下、S):それが偶然なんです。ポスターは毎回同じデザイナーさんが作っているわけではなくて、「横顔でお願いします」などと言ったオーダーはしていません。でも気付いたら皆横顔だったんですよね(笑)。

grey

(C)2011 The Grey Film Holdings, LLC.

――アクション映画のポスターが横顔ばかりなのは、どんな理由が考えられますか?

S:まず考えられるのは、横顔の方がポスターにストーリー性が感じられるからだと思います。毎作品、デザイナーさんには事前に映画を観てもらって、イメージをふくらませてから製作にとりかかっていただくのですが、例えば『THE GREY 凍える太陽』の場合、雪山で何かに追われている主人公の様子がポスターから伝わってきます。この作品は、アメリカ本国では正面を向いたポスターなのですが、日本版では横顔デザインになりました。

cba_p

(C) 2011 EUROPACORP – TF1 FILMS PRODUCTION – GRIVE PRODUCTIONS

――確かに、この『コロンビアーナ』の場合も、横顔で、しかも涙を流しているということから「彼女はきっとワケアリなんだな」と推測することが出来ますよね。

S:そうなんです。横を向いているという動きが一つ加わるだけで、ストーリーが生まれますよね。

hungry

(C)2011 HRJ DISTRIBUTION, LLC

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会