体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリップカバーにスタンド&バッテリーまで内蔵! GALAXY SIII専用ケース【イケショップのレア物】

フリップカバーにスタンド&バッテリーまで内蔵! GALAXY SIII専用ケース【イケショップのレア物】

2012年今夏の最強スマートフォンとの呼び声を欲しいままにしているのがドコモのGALAXY SIIIだ。4.8インチ液晶サイズでHD解像度の720×1280ドット、有機ELディスプレイを搭載していながら持ちやすい丸みを帯びたデザインによって、男女を問わず使いやすいスマートさだ。

ワンセグやおサイフ機能によるキャッシュレスの電子決済まで搭載しており、ガラケーから乗り換えた人でもこれまでと同様のサービスが引き続き利用できるようになっている。また使い勝手でも顔認技術で画面をみている間は液晶画面がスリープしないSmart Stay、端末の傾きで縮小・拡大できるMotion UX、動画を別ウインドウで再生できるPOP Up Playと使い勝手を向上した機能によって便利さが格段にアップしている。

デュアルコアCPUによるサクサク感や大画面といった点でスマートフォンビギナーにもオススメできるなど、間口が広い超人気スマートフォンと言える だろう。

GALAXY SIIIで唯一気になるのは、従来モデルと比較して3割ほど増量した大容量の2100mAhバッテリーを搭載しているが、電池を消費する機能満載なだけにバリバリ使った場合の電池持ちには一抹の不安が残ることだ。

一見、2100mAhという数字だけみると、容量的は十分に思えるのだが動画視聴やXiの高速通信などをガンガン使えば、2100mAhといえども、あっという間にバッテリーは減ってしまう。実際スペック表を見ても3G通信では約400時間持つがLTE(Xi)では約270時間しか持たない。Xi通信下でGALAXY SIIIをガンガン使うような人は、2100mAhでもバッテリーが足りないとうケースも多くなる。

そこでスマートに、パワフルにGALAXY SIIIを使いたい人にオススメしたいのが、今回紹介するケース内に3200mAhのバッテリーを内蔵した「PowerBank Smart for GalaxySIII 3200mAh」だ。これがあれば、もうGALAXY SIIIのバッテリー持続時間を一切気にしなくても使えるというスグレモノだ。

■スタンド機能も搭載
この製品、液晶部分を保護するフリップカバー、本体全体を装着するケース部分といった構造になっており、万が一落としてしまった場合でも、ケースがGALAXY SIIIをしっかりと守ってくれるようになっている。ケース背面には折りたたみ式のスタンド用の足が内蔵されており、スタンドを引き出すことで横置きの状態にして動画等を見ることができるようになっている。

フリップカバーにスタンド&バッテリーまで内蔵! GALAXY SIII専用ケース【イケショップのレア物】液晶を守るフリップカバーも付いている。 フリップカバーにスタンド&バッテリーまで内蔵! GALAXY SIII専用ケース【イケショップのレア物】カバー部分には誇らしげにGALAXY SIIIのロゴ。 フリップカバーにスタンド&バッテリーまで内蔵! GALAXY SIII専用ケース【イケショップのレア物】スタンドの足部分を引っ張り出してこのように固定する。 フリップカバーにスタンド&バッテリーまで内蔵! GALAXY SIII専用ケース【イケショップのレア物】複数人で横置き表示にして動画を見たりといたことが可能だ。

■カメラ機能やイヤホン端子の利用も可能
背面側の800万画素のカメラ機能が使えるようにカバー側には、カメラ用のライト部分やマイクなどの部分を含めて該当部分がくり抜かれている。このため動画の撮影や静止画の撮影でケースを外さずに行えるようになっている。また、イヤホン部分も切り込みがあるのでケースに装着したままで使えるようになっている。逆にケースを外さないと利用できない機能としてお財布ケータイ機能とワンセグがある。内蔵バッテリーの残量はLEDによってわかるようになっている。GALAXY SIIIへ充電するには、ケース下部のボタンを押すだけで充電が開始される。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。