ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国政府“野田内閣と対話中断宣言”、日韓通貨スワップ中断は“日本も打撃”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

16日、複数の韓国メディアは、韓国・青瓦台(大統領官邸)の発表を引用し、「野田佳彦の日本内閣に対してこれ以上期待しない」と述べ、事実上の対話中断を宣言したと伝えている。

韓国政府の関係者は、野田首相の領土ならびに慰安婦問題に関する対応への失望から判断したと説明、また日本政府が日韓通貨スワップの再検討の可能性を示したことについては、「日本からの一方的な恩恵ではなく、中断した場合は日本も打撃を受ける」と述べた。

これを受け、韓国のSNSでは「そうだ。強気でいけ。うやむやにしてきたからなめられていたんだ」「(李大統領は)親日派のシールを剥がしたいからだろう」「もう昔とは違う。日本の国家信用度は下落し、長期不況、国家災難、世界経済沈滞で輸出による回復も難しい」「何か変な方向に向かってますね。面白い」といった反応がみられた。

なお、韓国の文化日報は、今週中に予想される日本政府の竹島領有権に関する国際裁判所(ICJ)提訴について、「ICJ提訴は我々が応じなければ終わる話だ」と韓国外交通商部(外務省)関係者の言葉も伝えている。

【関連記事】
政府、日韓の金融協力は維持 竹島上陸でも
竹島上陸で9月以降の日韓首脳会談見合わせ? 政府で見直し浮上

【関連情報】
青瓦台、“野田総理に期待しない”(MBNニュース<韓国語>)
青“野田内閣に期待無し”日本と対話中断宣言

(http://news.livedoor.com/article/detail/6860367/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP