ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ストレス解消につながる“落書き帳”

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 仕事、学校、人間関係。普段の生活の中でストレスが溜まる場面は多い。だから、スポーツや食事など、人それぞれストレス発散方法を持っていることだろう。しかし、もっと簡単に、時間も費用もかからないストレス発散法があるという。それが「らくがき」だ。

 『えんぴつ1本でストレス解消! 働く人のアートらくがき帳』(今井真理/著、こう書房/刊)は、読む&書く&描く(&鑑賞)で構成され、ページをめくるうちに自分自身のストレスを発散し、新しい自分と出会うことができる内容になっている。
 読むだけではなく、「描く・書く」ことで自分の無限の可能性を広げることができる。

 例えば、きれいな花を見ると心の元気を取り戻すことができるということで、花をテーマに将来を表現するという項目がある。
 まずは、花の絵を描く前に、自分の将来を言葉で書いてみる。次に、自分の表現で、将来の花を描いてみる。花のパワーを借りるつもりになって将来が素敵な花のように開いた絵を描いてみるのだ。既存の花にこだわらず、創造性を発揮して、今までに誰も見たことのない、自分だけの花を咲かせてくださいとあり、本書には1ページ、花を描くスペースが設けてあるという。
 気持ちや考えていることを文字で書いてから、自由に絵を描くと、ごちゃごちゃしている心が整理されてスッキリとした気分になる。毎日1項目ずつでも進めていけば、ストレス解消へとつながっていくだろう。

 絵を描くことに苦手意識のある人も気楽な気持ちで、読み・描くことができる構成になっている。日々の生活でストレスが溜まっている人は、「らくがき」でストレス発散してみてはどうだろう。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
医師が教えるストレス知らずの怒りの消し方
仕事のストレスの上手な逃がし方
つらいストレスを軽減させる5つの方法

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。