ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

PCとはちょっと違うAndroidにおけるROMとRAMの意味! Android端末の選び方【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
PCとはちょっと違うAndroidにおけるROMとRAMの意味!  Android端末の選び方【デジ通】

パソコンに関する知識がある人がAndroidスマートフォンを選ぶときに、見慣れていなくて困惑するのはスペック表などに書かれているROMとRAMだ。

「RAMの量は性能に直結するので多い方がいいが、こっちのROMって何だろう?」と戸惑う人が多いのではなかろうか? 個人的にもこの表記をたまに見ると混乱するが、AndroidにおけるROMとRAMの意味を整理してみよう。

パソコンなどの世界では、ROMはRead Only Memory、RAMはRandam Access Memoryの略で使われている。ROMは、すでに書き込まれたデータが記録されている部品で書き換え不能。RAMは、CPUが計算に使用する場所のような認識の方が多いと思う。

パソコンの世界では、古くはNECのPC-9800シリーズのように漢字ROMなどが使われていたが、現在では使われていない。ROMの容量はスペック上、何の意味もなく、パソコンのスペック表からもこの項目は消えている。

■AndroidにおけるROMとRAMの意味
しかし、日本のAndroidスマートフォンのスペック表を見ると、ROMとRAMという項目でそれぞれの容量が表記されているケースがある。

Androidの世界では、RAMはパソコンなどと同じメインメモリーの意味だが、ROMは内蔵ストレージのことを表している。つまり、「ROM 16GB」と書かれていた場合、端末にフラッシュメモリが16GB内蔵されているという意味だ。ここにアプリをダウンロードしたり、各種データを保存することができるので大きければ大きい方がいいが、あまり活用しなければ大きすぎても意味はない。

この16GBの中にOSやプリインストール済みのアプリなどが入っているので、実際に使える量は機種によるが12GB前後になる。

■ROMという表現を使っているのは日本だけ
全世界を調べたわけではないが、英語圏などを中心に各携帯電話キャリアなどのAndroidのスペック表をみると、「ROM」と表記しているところはない。大抵は「Internal Memory」という「内蔵メモリ」のような意味の用語が使われている。

ちなみに2012年8月現在日本の主要携帯電話各社の表記は
ドコモ メモリ ROM
au 内蔵メモリ (ROM)
ソフトバンク メモリ ROM
というようになっている。アップルのiPhoneは「容量」

■ROMという表記はやめてはどうか
Androidの内蔵ストレージ、SSDやUSBメモリ、SDカードなどに使われているNAND型フラッシュメモリはRead Onlyではないが、ROMと分類されることもあり、ROMという表記が間違っているわけではない。

しかし、一般ユーザーがみるカタログなどにROMやRAMと書いてあっても、意味がわからない方が多いのではないだろうか。販売店によってはこのあたりを工夫している店もあるようで、auは「内蔵メモリ(ROM)」と表記しており比較的親切といえるだろう。

携帯キャリアなどは当然として、ブログなどを書く方も含めこの表記は改善すべきではなかろうか?

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

(http://news.livedoor.com/article/detail/6857231/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。