ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「日本の応援団、からきし意気地がない」 小倉アナ、五輪を振り返る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

15日放送、フジテレビ「とくダネ!」では、番組の冒頭、ロンドン五輪の取材から帰国した小倉智昭アナウンサーが現地の様子を語った。

「(帰りの飛行機は)選手団174人お乗りになってて、アテネのときはメダル執ったチームは買い物してっていう雰囲気だったんですけど、ロンドンの空港では免税店がグレーのジャケットを着た日本選手団でごったがえしていましたね」と切り出した小倉アナ。

話題が応援のことになるや、「イギリスが最初の二日間くらいメダルがなくて、ボートの女子でメダルを獲りはじめてから急激に伸びはじめた。それと同時に会場内のイギリスの応援がすごくて、体操の内村君が困惑したっていうくらい、ホームタウンディシジョンみたいな。グレートブリテンでGB、GBっていう応援なんですよ。それが足で床を踏み鳴らしながらいうんで」と語り、開催地イギリスの異様な盛り上がりを伝えた。

すると、日本人の応援についても話し始めた小倉アナ。「日本でワールドカップのバレーをやると、“ニッポン、チャチャチャ”ってやるでしょ。日本人ってイギリスに行くじゃないですか。サッカーのように集団で応援席に入っている人たちは、声を出せるんですよ。バラバラに入っていると、からきし意気地がないですね。バドミントンの決勝あったでしょ。ダブルスの。(応援を)リードしていたの、僕と三宅(正治アナ)君ですからね。記者席がみんな静かなんですよ。三宅君と僕で“ニッポン、ニッポン”って。中国がすごい応援するわけですよ。こっちは二人で」と話し、自ら率先して日本選手団を応援したエピソードを明かした。

(http://news.livedoor.com/article/detail/6856472/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。