ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

天才ゲームクリエイター・飯田和敏が考えたWiiリモコンカバー!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

iida1

ガジェット通信編集部・編集長のメール、いや『mixi』メッセージ受信箱に1通のメッセージが届いた。「こんにちは。明日、取材に来て下さい!」というメッセージだ。飯田さんと言えば、『巨人のドシン』(64DD)や『アクアノートの休日』(PS)、『太陽のしっぽ』(PS)などの異色作ゲームを世に出してきた、天才肌ゲームクリエイターである。

どうやら、Wiiウェア専用ソフト『ディシプリン*帝国の誕生』(以下、ディシプリン)が完成したので遊びに来てほしいらしい。ということでガジェット通信編集部は、西新宿にある株式会社マーベラスエンターテイメントへと遊びに行ってみた! しかし、編集部員を待っていたのは、とんでもない嫌がらせだった。

うわっ! なにこのキモいwiiリモコンカバー!」と叫んだのは、女子編集部員。飯田氏が手に持っていたのは、『ディシプリン』のために作成した特製のWiiリモコンカバー。あまりにキモいそのデザインは、まるで芋虫のようであり、海洋生物のようであり、人間の肉体の一部のようでもある。

しかし、このキモいwiiリモコンカバーは、ゲームとどう関係あるのだろうか? 飯田氏によると「うへへ!『ディシプリン』の主人公が、この “youコン” を持ってるんですよ。この “youコン” で “you液” をためて “you液” を他の囚人たちにぶっかけるんです! うへへへへへっ!」とのこと。な、なんだか、かな~りヤバいゲームのような……。

どうやら、このキモいwiiリモコンカバーは “youコン” というゲームに登場する主人公の肉体の一部を表現しているものらしい。い、いったいどういうゲームなんだこれは……。

まったく『ディシプリン』というゲームがどんなゲームなのかわからないので、飯田氏にゲームシステムを聞いてみたところ、収容施設のオリの中の物語とのこと。主人公は看守たちの目を盗み、 “you液” をどんどんためていく。たまった “you液” をトイレや壁、ベッドなどにぶっかけることで、同じオリに入っている囚人(?)たちのストレスを解消し、心の壁を崩していくというゲーム内容とのこと。

よく任天堂のチェックが通ったなあ」と、ガジェット通信編集部員全員が思ったのは言うまでもない。よくよく考えてみると、いや、ストレートにいろんな意味でヤバイ。そもそも、この “youコン” は発売する予定はないらしく、しかもWiiリモコンを “youコン” に入れようとしてもなかなか入らないため、ワセリンやローションを塗らないとWiiリモコンを挿入できないのだという。な、なんという仕様!

『ディシプリン』は2009年8月25日からWiiウェアとして配信が開始される予定だ。価格は800Wiiポイントで、15歳以上のプレイヤーを対象として販売するという。この怪しいゲームに関して、ガジェット通信編集部は飯田氏とマーベラスエンターテイメントを徹底取材をし、どんどんヤバさを紹介していく予定だ。「それにしてもキモかったですね~」と、ゲームの話題より “youコン” の話題で花を咲かせつつ帰路についたガジェット通信編集部員だった。

■最近の注目記事
発売日が近づくにつれて劣化していく『FF13』映像! 本当に劣化なのか?
スクエニのコンテスト作品をパクってセガのコンテストに応募し最優秀賞「受賞取消」
『ドラクエIX』で謎の暗黒世界の存在が明らかに!「低確率で導かれる」
【DS】300万人のドラクエファンが欲しがる幻のアイテム『まさゆきの地図』
『モンスターハンター3』がPS3や360でも発売される可能性アリ

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。