体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コンパクトながら高い防水性能!SoftBank SELECTION「防水ケース for iPhone 4S/4」を試した【レビュー】

コンパクトながら高い防水性能!SoftBank SELECTION「防水ケース for iPhone 4S/4」を試した【レビュー】


防水ケースだけどコンパクト!
iPhoneをお風呂や水回りでも使いたい!というユーザーはたくさんいらっしゃることでしょう。

これまでさまざまな防水ケースが登場しましたが、若干大きくなってしまい持ちづらい、通話はできないなどデメリットも多くありました。かといってジップロックなどに入れるのもスマートではありません。

7月13日SoftBankBB株式会社より発売された「SoftBank SELECTION 防水ケース for iPhone 4S/4」はそうしたデメリットを解決した防水ケースです。横幅65mmに押さえたスマートなフォルムのケースでありながらIPX5準拠の防水性能を持ち、シャワーの水や大雨などで水浸しになっても快適にiPhone 4S/4を使うことができます。また、やや音はこもりがちになるものの、通話もできます。

というわけで実際に使ってみました。

iPhoneWP_01

ケースの取り付けは極めて簡単です。このケースは2つに分かれた構造になっていて、まず「背面カバー」という端末背面・側面を覆う方のケースを取りつけます。その後ディスプレイに被せるケースである「前面カバー」を取りつけます。

iPhoneWP_02

2つのケースを取りつけるとこのようになります。横幅65mmということで大きめのAndroid端末と同じくらいなので、女性の手にはやや大きいかもしれませんが、特に男性ならそれほど大きいとは感じないと思います。

iPhoneWP_03

底面の30ピンDockコネクタには別途キャップを取りつけます。紛失しやすいので、もう1個予備が付属しています。

iPhoneWP_04

ディスプレイ側のケースにはイヤホン端子キャップが付いていて、イヤホン端子に水が入るのを防ぎます。

iPhoneWP_05

背面側を見たところ。カメラ部分が透明なレンズで覆われているので写真撮影が可能です。ただしフラッシュを使うことは推奨されていません。また、写真の鮮明度がやや低下します、とケースの注意書きには書かれています。

iPhoneWP_06

実際にシャワーで水をかけてみました。シャワーの水くらいでは全く問題なく動作します。タッチパネルの操作もほぼ問題なくできます。液晶面に保護フィルムを貼ったiPhoneでの使用は推奨しない、とケースの注意書きには書かれていましたが、液晶面に保護フィルムを貼った私のiPhoneでも特に使用に問題はありませんでした。ただ、水がたくさん付いている状態では、特に画面の隅の方の操作が思うようにいかない場合はありました。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。