ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Ubuntuをもっと「Windows的」にしたい! デスクトップのシェルを変更する【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Ubuntuをもっと「Windows的」にしたい! デスクトップのシェルを変更する【デジ通】

これまで述べてきたように、Ubuntu(ウブントゥ)のデスクトップ環境は非常によくできており、Linuxディストリビューションとしてはハードルがかなり低い。

とはいえ、MacOS Xに似たその使いこなしに違和感をおぼえるユーザーも多いだろう。このようなとき、柔軟性の高いLinuxでは、外観を大きく、しかも簡単に変更できる。

■「Unity」はタッチ式デバイスを意識
Ubuntuをインストールするとあらわれるデスクトップは、「Unity」(ユニティ)というユーザーインターフェイスである。使ってみれば分かるが、左側に並ぶアプリケーションランチャーやアプリを一覧表示する「Dashホーム」、メニューがツールバーに表示されるなど、外観はMacOS Xに非常によく似ている。

「Dashホーム」は典型的だが、実は、Unityはタッチ式デバイスでも使えることを意識したもの。このため、メニューを順にたどってアプリケーションを起動するというような、古くからWindowsで慣れ親しんできた使い方が困難なのだ。

では、どうしたらいいのか。

■複数ある、Linuxのデスクトップ環境
実は、Linux向けには複数のデスクトップ環境が開発されており、それらを切り替えて使うことができる。代表的なのは、GNOME(グノーム)とKDE(ケーディーイー)で、それぞれに専用のファイルマネージャやターミナル(端末エミュレータ)、テキストエディタなどが搭載されている。

Ubuntuで標準のUnityは、実は、GNOME向けに独自に開発されたシェルである。GNOME標準のシェルは「GNOME Shell」で、Unityとは異なる。だが、Windowsユーザーには、KDEかGNOME Shellの方がなじみやすいだろう。

KDEのインストールはやや面倒なので、ここではGNOME Shellを使う方法を解説しよう。

■コマンド入力でインストール
GNOME Shellを使うには、以下のコマンドを入力する。途中でパスワードを入力する必要があるのと、ディスプレイマネージャを選択するダイアログが表示されるが標準のままでよい。

$ sudo apt-get install gnome-core gnome-games gnome-documents gnome-packagekit gnome-video-effects hamster-applet gnome-sushi gnome-doc-utils evolution

インストール終了後に再起動すると、ログイン画面でシェルを選択できるようになっているはずだ。よりWindowsライクに使いたければ、「GNOME(Classic)」を選ぼう。

GNOME(Classic)では、上部ツールバーの左側に「アプリケーション」と「場所」が表示される。アプリケーションでは、ツリー式にたどっていくことでアプリを起動できる。場所は、ホームフォルダ内のフォルダが一覧表示される。下部のツールバーには、開いているフォルダなどタスクが表示される。また、メニューも各ウィンドウごとに独立する。これで、ぐっとWindowsライクな操作ができるようになる。

Linuxの柔軟性の高さは、使うほどに実感できるものだ。この「ワナ」にはまると、なかなか抜け出せないことは請け合いだ。

Ubuntu Japanese Team

大島克彦@katsuosh[digi2(デジ通)]

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

ITライフハック
ITライフハックTwitter

(http://news.livedoor.com/article/detail/6854023/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。