ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【韓国ニュース】領土主張でメダル保留、韓国専門家は「やれるものならやってみろ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

韓国のニュースサイト「プレシアン」は、ロンドン五輪サッカー韓国代表のパク・ジョンウが竹島の領有権を主張したボードを掲げた問題に関して、韓国内の専門家の意見を掲載した。

スポーツ解説者のハン・ジュンヒは「(パク選手は)政治的デモンストレーションではなく、独島が韓国領土であるという厳然たる事実を国際社会に確認させるきっかけだと思ったはず」と述べた。

「プレシアン」の客員記者を務めているイ・ジョンソンは、「多少未熟な行動」としながらも「過去の国家代表選手は抑圧的雰囲気で言いたいこと言えなかった」「言いたいことを言える雰囲気は肯定的にみるべき」とした。

韓国芸術総合大学のイ・ドンヨン教授は「独島セレモニーは政治的なデモンストレーションだが、これくらいは選手たちの『発言する権利』を認めるべき」「もしパク選手のピケットに人種差別的表現があったらIOCの制裁は妥当」「独島はナチズム支持や性差別など政治的スローガンとは次元が違う」と見解を示した。

また、イ教授は「同事件はIOCの過度な解釈によるものとして“(メダルを)剥奪するならやってみろ”といった態度も必要だ」と主張した。

同記事のコメント欄には韓国のネットユーザから「我が領土を我が領土と言っただけで、少しも政治的ではない」「これが問題なら、メダル獲得の感想を訊かれ、“神に感謝する”と答えるのも問題視しなければならない」「弱小国に対する巨大国の横暴だ」と、IOCへの批判が殺到した。

ほかにも、「第三者からみれば紛争地域だ。パク選手は五輪憲章に違反した」「政治的か政治的ではないかは重要ではない。IOCは面倒なことに巻き込まれたくないだけだ。五輪でうまい商売やってるから喧嘩するなら外でやれってことだ」など、様々な意見が寄せられた。

【関連記事】
「独島セレモニー」政治的宣伝で過去には選手資格停止の例も=韓国
「我々の領土」掲げた韓国選手、メダル保留
意外に多かった! 韓国人サポーターの「竹島」メッセージ ロンドン五輪の日韓戦風景
韓国選手が竹島メッセージ掲げて表彰式出席できず、韓国では「何が問題?」「彼は犠牲者」

【関連情報】
独島セレモニーとIOC制裁、どちが‘政治的’?(プレシアン<韓国語>)

(http://news.livedoor.com/article/detail/6851917/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。