体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昭和の香りただよう酒飲みのパラダイス 八王子ロマン地下“八の市”レポート

昭和の香りただよう酒飲みのパラダイス 八王子ロマン地下“八の市”レポート

「8月8日に“肴(さかな)とおかずの銘店街”八王子ロマン地下でイベントをやるので取材に来ませんか?」と声をかけていただいたので、取材に行ってきました。“八王子ロマン地下”は、昨年の12月にオープンした飲食店街。昭和30年代のレトロな商店街を八王子南口の地下街に再現しているそうです。毎月、8のつく日には“八の市”というイベントを開催しているのですが、8月8日はさらに特別なイベントになるということで、JR中央線に乗って八王子を目指すことにします。

イベントのチラシ

八王子駅の改札を出ると、この日のイベントのチラシが配られていました。8月8日の特別な「八の日」にちなんで、何度でも挑戦できる抽選会で当選すると、最大8名までの8組が最長8時間、選んだお店で食べ放題&飲み放題になるとのこと。これは太っ腹な……。

現地に到着

南口から徒歩3分の現地に到着しました。確かにレトロな雰囲気ただよう建物ですが、入り口の前に、なにやら着ぐるみがお客さんを呼び込んでいる様子。

はっちか君

ハチの姿をしたこのキャラクターは、八王子ロマン地下のキャラクター“はっちか君”。抽選会では外れても参加賞としてはっちか君のステッカーがもらえるのですが、何度も抽選に参加してステッカーを大量に手にしている人が多く見られました。

トタン屋根のエスカレーターを下りる

トタン屋根のエスカレーターを下りるとロマン地下です。この日はエスカレーターを降りた場所で抽選会が開催されていたため、混雑を配慮してエスカレーターは止めてありました。

昭和な風景

中に入ってみると……見事に昭和! な風景が広がっていました。下町の商店街やガード下にある飲み屋さんが集まったような雰囲気です。ロマン地下は、家族連れで楽しめるバラエティ豊かな飲食店が集まる“ハッピーロード”、おいしい鳥料理の店が集まる“チキンロード”、昭和の雰囲気が強く、夜には電柱に明かりが灯る“ムーンロード”の3エリアに分かれており、個性派なお店がズラリ。20店舗以上あるお店から好きな場所を選んでじっくり飲むもよし、あちこち店を移って食べ比べるもよし。酒飲みならワクワクすること間違いなしです。

「カンパーイ!」

ロマン地下広報さんの案内で、この日は特徴ある4店舗を訪問して取材してきました。「カンパーイ!」とビールに手を伸ばす筆者。これも仕事です! 4店舗の詳しいレポートは別記事でお届けしますのでお楽しみに。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。