ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

プロ・ゲーマーの“勝利の極意”

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 「99.9%の人は勝ち続けられない」。これは、プロ・ゲーマーの梅原大吾氏の言葉だ。スポーツや勉強など何かしらの勝負で、勝ったり負けたりした経験は誰にでもあるだろう。しかし、1度や2度は勝つことはできでも、勝ち続けることは難しいということはわかるはず。

 『勝ち続ける意志力』(梅原大吾/著、小学館/刊)では、日本人で初めてのプロ・ゲーマーで世界にその名をとどろかす梅原氏が、「勝つために必要なことは何か」「なぜ多くの人は勝ち続けることができないのか?」ということを、プロ・ゲーマーとして培った経験から語る。

 冒頭の一節のように勝ち続けることは難しい。人と人との戦いは微妙なバランスで決まる。生まれつきの頭脳や理解力、運動神経や反射神経も関係してくるだろうが、ゲームの世界に関して、大方の勝敗は努力の量、そのときの精神状態やモチベーションの高さで決まることが多い。つまり、勝敗を決する力の差は、ごくわずかなのだ。
 そのような世界で努力を続け、常に勝ち続けるのは至難の業だ。
 では、勝ち続けるためにはどうしたらいいのか。そのためには、勝って天狗にならず、負けてなお卑屈にならないという絶妙な精神状態を保ち、バランスを崩さず真摯にゲームと向き合い続ける必要があるのだ。
 梅原氏は、自分も人間だし、相手も人間であるという事実を忘れないようにすることで、バランスを保っているという。

 どんなに才能があって努力をしている人でも、負けることはある。大切なのは、結果が出なかったときどうするかだ。運のせいにするか、責任転嫁するか、相手が強かっただけと諦めるか、自分も年を取ったと頭を抱えるか。
 このように一時の感情に流されるのではなく、事実を受け止めて分析することが大事なのだと梅原氏は語る。

 負けたときに自分の真価が問われる。その結果をどう受け止めてどう次につなげるか。それが勝ち続けることにつながるのだろう。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
ゲーム機の「左に十字キー、右にボタン」が生み出された瞬間
ファミコンにおけるRPGのパーティが4人のワケ
セカンドライフが廃れてアメーバピグが流行るわけ

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。