体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飲み会で女子に聞いた 傷つけずに臭い男に臭い事を伝えて改善してもらう方法

先日かわいくてスタイルの良い20~24歳の女子たちと合コンをしたのですが、そこで聞いたマナーテクニックを紹介しようと思います。田端信子ちゃん(24歳)は商社に勤務している女子なのですが、職場に体臭と口臭がひどい男性の上司がいたそうです。

家族ならまだしも、他人の体臭や口臭ってなかなか注意しにくいですよね。指摘しただけで相手が傷ついてしまうかもしれませんし……。ですが信子ちゃんは上司を傷つけずに、上手に体臭と口臭を改善させたのです。

その方法はとても簡単です。体臭がきつかったら「ああっ、高橋さん昨日は徹夜ですね? 働いたっていう汗のニオイがします☆ 無理しないでくださいよホント」と言うだけです。相手が不可抗力で臭くなってしまっている事にしつつ、無理をしないようにと気遣うのです。これで上司は傷つかずに体臭を認識して臭い事に気がつき、改善しようとするわけですね。

口臭の場合は「高橋さんずるいですよ! 昨夜は焼肉にみんなと行ったんでしょう? 息がニンニク臭いですっ☆」と言うそうです。焼肉のせいで翌日までニオイが残っていることにすれば、相手は深く傷つくことはありませんし、歯を清潔にしようと心がけるでしょう。なんとも上手なテクニックです。本当は単に歯垢のニオイなんでしょうけどね。

まずは体臭や口臭がきつい事を相手に知らせる事が重要なんですね。どうして臭いのか? は関係ないのです。不潔だから臭いというのも言う必要はありません。なかなか賢い信子ちゃんですが、アタックしたものの「あなたにはもっと良い人がいるよー☆」と言われてその後は続きませんでした。

※この記事は、ゴールドラッシュの「pinky」が執筆しました。[リンク]

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。