ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

吉田沙保里、旗手のジンクス破る金メダル「何もいうことはない」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ロンドン五輪、レスリング女子フリースタイル55キロ級決勝では、吉田沙保里がカナダのトーニャ・バービークを下し、3連覇を達成。トーナメントでは1ポイントも取られることなく、圧倒的な強さを誇示した。

そんな女王が、大会後となる日本時間10日、テレビ朝日の情報番組に生出演を果たした。「昨日の夜が一番寝れなかったですね。緊張しすぎて」と、かつてない緊張状態だったことを明かした吉田は、「負けも経験しましたし、ロンドン五輪の前にも負けてます。私に勝っている相手も出ていますし、研究もされて勝ち辛くなってきているっていうのもあったので、そこが緊張の原因」 と、その理由を語った。

それでも、勝因を「経験です」と言い切った吉田。開会式では旗手を務め、ジンクス(旗手を務めると金メダルが獲れない)との戦いもあったが、「私はジンクスを破るということを心に決めて、旗手もしっかり堂々と胸を張って歩いて。試合では絶対勝つという気持ちでロンドン入りして。試合まで長かったですけど、うまく調整もできて、金メダル獲ることができて、何もいうことはないですね」とキッパリ。

五輪・世界選手権12連覇を記録した伝説のレスラー、アレキサンダー・カレリンと記録が並んだことについては、「超えたいっていう気持ちはあります」と意気込んだ。

(http://news.livedoor.com/article/detail/6843797/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。