ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本のインディ・ジョーンズが解明!『ダ・ヴィンチ・コード』を超える今世紀最大の発見とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
日本のインディ・ジョーンズが解明!『ダ・ヴィンチ・コード』を超える今世紀最大の発見とは?

© 2012 TWENTIETH CENTURY FOX 写真一覧(5件)

 映画や小説の世界には、定説を覆す驚くほどのセンセーショナルな作品が存在する。ダン・ブラン原作、トム・ハンクス主演の『ダ・ヴィンチ・コード』では、キリスト教の根幹を揺るがす謎を描き、全世界で社会現象を巻き起こした。そしてこの夏、《人類の起源》の謎を解くという『ダ・ヴィンチ・コード』をも超える、今世紀の最大の衝撃作『プロメテウス』がついに公開される。

 劇中で女性科学者エリザベスは、世界各地の古代遺跡に遺された共通のサインを発見し、人類の創造の真実を解き明かすため宇宙船プロメテウス号で未知の惑星に旅立つが、彼女と同じく《生命の起源》を解明すべく世界中を飛び回り、“日本のインディ・ジョーンズ”の異名をもつ生物学者・長沼毅氏(広島大学大学院 生物圏化学研究科 准教授)が、『プロメテウス』に隠された真実を語った。

 長沼氏は、知的生命体として発達した我々人間の進化には、おそらく創造主あるいは“神”と呼ばれる何者かが介入していると語る。『プロメテウス』では物語が進むにつれ、その全貌が徐々に明かされていくのだが、長沼氏はその過程が如何に現実的で、科学的な根拠や妥当性に基づいているかを、以下の4つのポイントから解説している。

1. 物語の舞台~衛星LV223

日本のインディ・ジョーンズが解明!『ダ・ヴィンチ・コード』を超える今世紀最大の発見とは? 舞台となるLV223は、地球から35光年離れた場所にある設定される衛星。2012年現在で、すでに100光年以内にある恒星の立体星図(3Dスター・マップ)が描かれており、その中には生命が存在可能なハビタブル惑星、いわゆる“第2の地球”が複数発見されているという。長沼氏は、LV223が45億歳の地球よりも古い60億~80億歳のハビタブル惑星で、きわめて高レベルな知的生命体が進化しているとも。もしかしたら我々の住むこの地球も、知的生命体による何かの実験場としてテラフォーミング(惑星改造)されたのかもしれない…。

2. 人類の創造~進化への介入

日本のインディ・ジョーンズが解明!『ダ・ヴィンチ・コード』を超える今世紀最大の発見とは? 旧約聖書の「創世記」では、蛇の誘惑に負けたイブが、神の命に背いて知恵の木から禁断の果実を食べてしまい、エデンの園を追放。原罪を受けたとされている。長い歴史において、人類には過去2回の“起源”が存在するが、今から5万年前に人類が知的に大飛躍した“知性の起源”については、未だ生物学的に解明されていないという。この飛躍的な発達は、何者かがDNA(遺伝子)操作によって知的進化に介入し、現在の我々人類を創造したのかもしれないと長沼氏は考察する。

3. ミステリーを解き明かすガジェット

日本のインディ・ジョーンズが解明!『ダ・ヴィンチ・コード』を超える今世紀最大の発見とは? 予告編でも見られるが、複数の古代遺跡から発見された石版に描かれている共通のサインを重ね合わせ、スター・マップから衛星LV223への道しるべを導き出す場面。プロジェクターで空中に映像を映し出し、投影面をタッチパネルのように操作する姿に遠い未来への夢を馳せるが、このようなプロジェクターは現実世界ですでに開発が進められており、汎用化まであと数歩のところにまで来ているそうだ。また、辿り着いたLV223の遺跡で、赤いレーザー光線を放ち、浮遊しながら遺跡の立体地図を描く“パピー(子犬)”と呼ばれる装置が登場するのだが、レーザー距離計は現在すでに市販化されており、人類最古のピラミッドをスキャンして、その外観から内部の迷路まで3D形状を再現することに成功している。

4. 人間の能力を超えるアンドロイド

日本のインディ・ジョーンズが解明!『ダ・ヴィンチ・コード』を超える今世紀最大の発見とは? 16人のクルーとともにプロメテウス号に乗船し、重要な鍵を握るのがアンドロイドのデヴィッドだ。コンピューターの性能は1年半ごとに倍増するという「ムーアの法則」に従えば、今から33年後の2045年には、人工知能が人間の能力を凌駕するという。本作の時代設定である2089年のアンドロイドが、人間よりも完成した“人間性”を備えていることは間違いないだろう。アンドロイドには「人間に危害を加えない」「人命優先の範囲で命令に服従する」「自分を守る」という“ロボット3原則”が適用されるが、創造主たる人間の悪意は、しばしば人の命よりも命令を優先させてしまうのだ。デヴィッドの真の目的とは?

 古代ギリシア神話では、プロメテウスが天界から火を盗んで人間に与えたため、怒った神々が災いとして人類最初の女性パンドラを送り込み、彼女の開いた“パンドラの箱”によって世界は災厄で満たされた。果たして、神の名を題した宇宙船プロメテウスと、女性科学者エリザベスが辿りつく衝撃的真実とは!? 開けてはならない“パンドラの箱”、食べてはいけない“禁断の果実”。そして、あなたは『プロメテウス』の謎の答えを、決して知ってはいけない。

『プロメテウス』特集ページ

『プロメテウス』
8/11(土)・8/12(日)・8/18(土)・8/19(日)先行上映決定(一部地域を除く)
8/24(金)TOHOシネマズ日劇ほか全国拡大公開<3D/2D同時上映>
20世紀フォックス映画 配給
© 2012 TWENTIETH CENTURY FOX

ミステリーキャンペーン
オフィシャルサイト

(http://news.livedoor.com/article/detail/6808742/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。