体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone撮影の手ブレを防ぐ! iPhone用のシャッター延長アクセサリー【イケショップのレア物】

iPhone撮影の手ブレを防ぐ! iPhone用のシャッター延長アクセサリー【イケショップのレア物】

スマートフォンで人気の機能には、FacebookやTwitterなどのSNS連携、メール、チャット、ゲームなどがあるが、一番使われているのがカメラだ。特にiPhoneをバリバリ使いこなしているユーザーだと、カメラもかなりの使い手であることも多い。もちろん単に写真の画質や撮影機能の多さでは、コンデジのほうがiPhoneのカメラより優れているケースも多いが、撮影の手軽さやアプリによる編集機能の豊富さは、iPhoneのカメラのほうが自由度が多く、、かなり自分好みの写真を撮影することができる。

そうしたiPhoneのカメラ機能をバリバリ使い倒したいと考えているユーザー向けにiPhoneを三脚に固定できるグッズやiPhoneのカメラのレンズ部分に装着する望遠や広角レンズ、マクロレンズ、レンズフィルターといった様々なiPhoneカメラ向けのアクセサリー類が販売されている。

例えば撮影時の手ブレを防ぐ方法の一つに三脚や一脚を使いシャッターを押す方法がある。これだと大きなブレを押さえることはできるが、シャッターを押す際のブレを完全に押さえることができない。

特のこの時期は、夏の花火大会や夏祭りのまっ盛り。iPhoneを固定して、花火をバッチリとれば、FacebookやTwitterでも一躍人気で「イイネ!」大量獲得間違いなしだ。せっかく、しっかり構図を決めても、いざシャッターをおしたら、iPhoneが動いてブレた写真になってしまっては、それまでの苦労が水の泡だ。

もうこれを解消するにはリモートレリーズ(リモートシャッター)を使うしか方法がない。カメラのシャッターをカメラから離れた場所まで引っ張り、そこからシャッターを切る方法だ。こうすればカメラに触らないで撮影できるのでブレをほぼ完全に防ぐことができるだろう。

今回紹介する「Remote Control Shutter for iPhone/iPad」は、iPhoneのイヤホン端子に接続するだけでiPhoneでレリーズ撮影ができるようになるというスグレモノだ。

■装着はイヤホン端子につなぐだけの簡単さ!
この製品、単体ではシャッターボタンの付いたグリップ部分からケーブルが延びケーブルの先端がイヤホン端子のようになっている。機能を知らずに本体だけ見ると何だこれ? と思ってしまうような製品だ。グリップが持ちやすい形なのでシャッターボタンも押しやすい。なおカメラモードではシャッターボタンとして機能するが動画モードでは動画撮影の開始・停止として機能する。

iPhone撮影の手ブレを防ぐ! iPhone用のシャッター延長アクセサリー【イケショップのレア物】ボタンの付いたグリップ部の先はイヤホン端子みたいになっている。 iPhone撮影の手ブレを防ぐ! iPhone用のシャッター延長アクセサリー【イケショップのレア物】イヤホンジャックにこのケーブルを接続する。 iPhone撮影の手ブレを防ぐ! iPhone用のシャッター延長アクセサリー【イケショップのレア物】本体は手になじむ形状でボタンも押しやすい。 iPhone撮影の手ブレを防ぐ! iPhone用のシャッター延長アクセサリー【イケショップのレア物】三脚やiPhone用三脚固定アクセサリーと合わせるとこんな感じで撮影できる。

iPhoneを固定できる三脚セットと一緒に使うことで以下のような使い方が可能になる。

1)iPhoneを少し離しての「自分撮り」
2)ぶれの無い小物撮影
3)花火や夜景を綺麗に撮影

それにしてもiPhoneのアクセサリーは、ほんといろいろのなものがあって楽しい。こうしたこともiPhone人気を押し上げている要因になっているのだろう。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会