ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

今すぐチェック! 女性ホルモン分泌量が一瞬でわかるツボ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
120809hormone.jpg

私たち女性になくてはならない女性ホルモン
それは、お肌も気分もツヤツヤにさせて男性を魅了するモテホルモンと言っても過言ではありません。
「なんだか最近オシャレも億劫だし、ときめくことがないなあ~……」なんて思ったアナタ。ひょっとしたら女性ホルモンが不足気味かもしれませんよ?
そんな女性ホルモンの分泌状況をチェックできる方法があります!
 
「女の子の森」というサイトによれば、

「内くるぶしの頂点から指4本分上を指で押さえます。ちょうど骨と筋肉の境目辺り。コツは、リラックスした体勢で、足と反対の手で足首を挟むようにもち、力を入れて押すといいですよ。痛かったですか? それはあなたの女性ホルモンの分泌量が低下してる証拠ですよ」

とのこと。
ははぁ、なるほど。そこは「三陰交(さんいんこう)」と呼ばれる、婦人科系のあらゆる症状に有効のツボだと言われています。そこが痛いということは婦人科系の臓器がゴキゲンななめになってるのかもしれません。
女性ホルモンは卵巣で作られ、血中に入り体中を巡ります。全身に行き渡ることで肌ツヤや身体のラインが魅力的になり、女として輝くのです。
また、血行が悪いと女性ホルモンの恩恵を受けにくくなります。女性の身体を冷やしてはいけない大きな理由はここにあるのではないでしょうか?
もし上記の「三陰交」の場所が痛かった場合はそこをほぐして行きましょう。

押し方は両手の親指を重ねて深く押し当ててください。2~3秒で圧をかけ、3~5秒押したままにし、また2~3秒かけて圧をゆるめる。これを3~5分間繰り返します。

婦人科系と血行が活発になる一石二鳥な特効ツボなので、覚えておくと便利です。
他の代表的な婦人科系のツボは、

膝の内側横のくぼみからすぐ上にある「血海(けっかい)」、内くるぶしから真横のアキレス腱にむけてスライドした時の溝の所にある「太谿 (たいけい)」

などあります。(個人差でツボの場所が微妙に変わることもあります)
ちょっとした時間があれば実践できます。あなたの中の眠っている女子力をピカピカに磨きましょう!
※足つぼの健康状態はあくまで目安です。また、妊娠の可能性のある方は注意下さい。
photo by Thinkstock/Getty Images
女の子の森鍼灸院・癒久
(スピたま)



(マイスピ)記事関連リンク
おネエのお墨付き!? アスタリフトの美魔女肌効果はホンモノ~☆彡
き…きびしい! 女子の爪に対して男性が思っていること
月の力を借りてしっとり秋美人をつくるAYURAの月光コスメ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。