ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

はねプリ -羽根が生えてるアプリが欲しい!- 第20回『UNIQLO WAKE UP』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
はねプリ -羽根が生えてるアプリが欲しい!- 第20回『UNIQLO WAKE UP』

『UNIQLO WAKE UP』ってどんなアプリ?

『UNIQLO WAKE UP』は、“毎日の目覚めを快適にする”をコンセプトに制作された新発想のソーシャル目覚ましアプリ(App Storeの紹介文より)。天気、時刻、曜日によってアラームミュージックが自動生成されるのが特徴。アラームミュージックは、コーネリアス/小山田圭吾氏と、菅野よう子氏による共作。アラームをストップした時点の記録をSNSにシェアすることができ、シェアされた記録はアプリ内のWORLD WAKE UPにビジュアライズされる。評価時バージョンは1.0.3。無料。

アプリURL

http://itunes.apple.com/jp/app/id515839388?mt=8

ひとことコメント

「その天気に合わせてボーカルが歌ってくれるのがかわいいな~と」

レビュア
はぎ:IT業界をひっそりただよう39歳。東大中退。
ねり:将来はガンダムパイロットになりたい女子大生。

はぎ:『UNIQLO WAKE UP』って、要するに目覚まし時計?
ねり:そうですそうです! App Storeの説明文からいうと“ソーシャル目覚まし時計”です。
はぎ:ソーシャル? どういう風にソーシャルなの? の前に使ってみる。何日か待って。

――数日後――

はぎ:音楽が理由だと思うけど、わりと起きられる感じだった。何がソーシャルかよくわからずだったけど。
ねり:天気によって毎朝流れる音楽が違うから起きられますよね。
はぎ:あれって、天気によって音楽が変わるのか。
ねり:そうなんです!
はぎ:その時間についても読み上げするよね。
ねり:あと、曜日もですね。天気と、時刻と、曜日。
はぎ:なんかもっと、天気と時間の組み合わせで音楽が変わるのかと思ってたけど、そういうことではない?
ねり:いや、たぶん曲調を決めてるのは天気だとおもいます。
はぎ:ああ、なるほど、たしかにApp Storeの紹介記事にも、“天気で曲が変わる”って書いてあるね。
ねり:その天気に合わせてボーカルが歌ってくれるのがかわいいな~と。晴れの日なら「sunny day~♪」とか。
はぎ:時刻表で音楽を作ったりしててタモリ倶楽部にも特殊音楽家として出演予定の僕としては(この記事が載るころにはもう放送されてるかもだけど)、もうちょい細かく、天気とか曜日とかの組み合わせで曲が変わるのかなと、期待半分、焦り半分だった。なんで焦るかはアレだけど。
ねり:あはは、そうですね、もっと細かい組み合わせで毎日曲が変わっていったら、もっと起きられちゃうかも。
はぎ:起きる前に、目覚ましの音で、天気と曜日と気温と湿度が分かる的なね……。
ねり:実は、同じ天気が続くと同じ音楽が続くので、起きられなくなったりしちゃう(笑)。
はぎ:ああ、それはあるかもしれん。梅雨とか危険。
ねり:ずっと雨……!
はぎ:でさ、ソーシャルって何がソーシャルなの?
ねり:そうなんですよ。“ソーシャル目覚ましアプリ”って紹介があるので、どのくらいソーシャルなんだろうと思って(笑)。起きた時間を『Facebook』とか『twitter』などのSNSに共有できることと、共有した情報をアプリ内のワールドマップにビジュアライズされるのがソーシャル部分だと思います。
はぎ:あ、そういうことか。そういうえばきれいなマップがあったね。あれ何だろう邪魔だなあと思ってた(笑)。
ねり:えええっ(笑)!
はぎ:いっつも同じ人が表示されるし、誰だお前的な。
ねり:いろんなところでいろんな時間にいろんな人が起きてるなあ、という感じですかね。実際はあんまり見ないです(笑)。
はぎ:もっとこう、地球儀が速く回って、地球が自転すると曲になるとか、そういうのだといいのになって思ったよ。つうかUNIQLOさん作らせてくれませんか(真顔)。
ねり:(無視して)ああ、でもそういえばボーカルの言語の読み上げが英語と中国語なので、中国や台湾の方も多いなあという印象でした!
はぎ:中国語の件はさ、なんでかしらんけど、マンダリン語って書いてあるんだよなあ。マンダリン語って表現おかしいんだけどなあ。
ねり:あ、本当ですね。プレスリリースだと「アラームミュージックのボーカルは、英語、中国語(マンダリン)から選択する事ができます」って書いてあるけど、App Storeだと「アラームミュージックのボーカルは、英語、マンダリン語の2つから選択することができます」になってる。
はぎ:マンダリンというのは中国語の北京方言というか。普通に中国語って書けば良いのにと思ったけど、UNIQLOみたいにいろいろとグローバル展開する企業としては難しい面もあるんかな。上海の人から怒られたり。
ねり:あはは(笑)。でも、ほんとにそうかも。
はぎ:とにかく、地球儀はもっと速く回したい。
ねり:でも菅野よう子さんとコーネリアスって豪華~って思いましたね!
はぎ:金あるなーって思った。だからその金があるなら僕に。
ねり:ですよねー(棒)。

はぎ:★★★☆☆(どう評価するかは難しいところで、UNIQLO自体好きだし、UNIQLOのアプリも好きなんだけど、もうちょい曲の生成アルゴリズムに工夫が欲しいなと)
ねり:★★★★★(わたしは星5つつけちゃいます! いい感じで目覚められて、ふつうに毎日使ってます!)

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。