ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy Note 10.1を香港で発表、一部のショップではすでに発売中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Samsungは8月9日、香港においてメディアイベントを開催し、Sペン対応タブレット「Galaxy Note 10.1」を発表しました。MWC 2012での製品発表から約半年後となる今週6日にようやく発売スケジュールが発表され、今月中に英国、米国、韓国、ドイツを皮切りに発売されます。香港でも正式に発売されることが発表され、予定では8月16日に発売されます。今回の発表ではWi-Fi+3Gモデルとなる「GT-N8000」のみの価格が公開されました。価格は4,998香港ドル(約50,500円)~。カラーはブラックとホワイトの2色。すでに一部のショップでは発売されています(1shopとか)。Galaxy Note 10.1は、10.1インチWXGA解像度のPSL液晶ディスプレイ、Samsung Exynos 4412 1.4GHzクアッドコアプロセッサ、2GBのRAMを搭載したSペン対応のAndroidタブレット。OSはAndroid 4.0.4(ICS)、タブレット向けSノート、Sメモ、SプランナーなどSamsung提供のSペンアプリ、Adobe Photoshop Touchもプリインストールされています。Popup PlayなどGalaxy S IIIに見られる機能も追加されています。Source : ePrice



(juggly.cn)記事関連リンク
2012年Q2の世界スマートフォン出荷台数、Androidのシェアは68.1%
Galaxy Tab新モデル「GT-P8110」がFCCを通過、1.7GHz CPUを搭載
CyanogenMod 9安定版が公開、まずはGalaxy Nexus HSPA+版で利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。