ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Sony MobileのXi対応スマートフォン「Xperia GX SO-04D」が本日発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Sony Mobileの新型Xperiaスマートフォン「Xperia GX SO-04D」が本日NTTドコモより発売されました。ドコモオンラインショップにおけるSO-04Dの販売価格は頭金込みで75,390円。毎月の通信料から一定額を割引く「月々サポート」の適用金額は、新規・機種変更の場合2,415円で、24ヶ月使用した場合、総額57,960円が割引されます。Xperia GX SO-04Dは、NTTドコモのLTE通信サービス「Xi(クロッシィ)」に対応したAndroidスマートフォン。4.6インチHD解像度の液晶ディスプレイ(モバイルBRAVIAエンジン付)、Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHzデュアルコアプロセッサを搭載。OSはAndroid 4.0.4が採用されており、ミュージックプレイヤー、ビデオプレイヤー、ギャラリーアプリはアップデートされています。Xperia arcに見られる弧を描く背面形状がデザイン的な特徴となっています。国内定番機能としては、「おサイフケータイ」には対応しますが、「ワンセグ」、「赤外線通信」には非対応です。また、防水・防塵性能もありません。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB、外部メモリはmicroSD/microSDHC(最大32GB)に対応します。カメラは背面に1,300万画素裏面照射型CMOS「Exmor R for Mobile」(AF、LEDフラッシュ、1080p フルHD動画撮影対応)、前面に130万画素CMOSを搭載します。通信機能は、Wi-Fi a/b/g/n(デュアルバンド)、Bluetooth v3.1、DLNA、FeliCa、FOMAハイスピード(下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps)、Xi(下り最大75Mbps/上り最大25Mbps)に対応。テザリングにも対応しています。Xperia GXではMHLによるHDMI出力機能がサポートされており、テレビやモニタとHDMI接続(変換ケーブルが必要)することで、画面の表示をテレビやモニタ上に映し出すことができます。Xperia GXにはテレビ用のユーザインタフェース「TV Launcher」がプリインストールされており、HDMI接続すると自動的に起動するようになっています。Xperia GX向けに横置きクレードル「TVドック」が別売ですが提供されています。バッテリー容量は1,700mAh。本体サイズは(縦)131mm×(横)69mm× (厚さ)10.5mm(最薄部は8.6mm)、質量は127g。カラーはホワイトとブラックの2色。対応するSIMカードはドコモminiUIM(microSIM)です。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
NikonがAndroidを搭載したデジタルカメラ「Coolpix S800c」を開発、今月中に発表?
Android 4.0搭載エントリーモデル「Xpeira miro」、英国では今月発売予定
日本語入力アプリ「ATOK for Android」がv1.3.3にアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。