ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【原発20キロ圏内のリアル】二宮金次郎とモニタリングポスト――福島県双葉郡富岡第一小学校

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
富岡第一小学校

福島県双葉郡富岡町立富岡第一小学校

富岡第一小学校は海から1キロほどのところに位置する。

津波はすぐ近くにまで押し寄せたが校舎は無事だった。この小学校から大人の足で徒歩5分ほどのところにあるJR常磐線富岡駅の駅舎は流されてしまっている。

富岡第一小学校

震災当時、児童数は400名ほどだったが、1年生はすでに下校したあとで、ほかの学年は帰りの会(ホームルーム)が行われていた。速やかな避難で全員無事だった。現在は、郡山市内にサテライト校を設けている。

富岡第一小学校校庭

校歌は川内村に居を定めていた詩人の草野心平によるもの。「かがやく未来」という締めのことばが皮肉に感じてしまう。

富岡第一小学校

富岡第一小学校と富岡第一中学校を隔てる道路。

富岡第一小学校

二宮金次郎の像の横にモニタリングポストが設置されていた。

富岡第一小学校

※「原発20キロ圏内のリアル」連載のすべての記事はこちら

※「原発20キロ圏内のリアル」は、福島第一原発警戒区域20キロメートル圏内の現在の姿を写真とともにお届けする連載企画です。

木戸川シャケの記事一覧をみる ▶

記者:

連載「原発20キロ圏内のリアル」で福島第一原発警戒区域20キロメートル圏内の現在の姿を写真とともにお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。