ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

8月8日はブルーベリーの日! その驚くべき美容&健康効果とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
120808blue.jpg

本日8月8日は「ブルーベリーの日」
英語表記「BlueBerry」の「BB」と「88」をかけて日本記念日協会より正式に認定されているんだとか。なんだか無理矢理な気もしますが、とにもかくにも今日はブルーベリーの日、だそうなんです。
ところでこのブルーベリー、美容と健康に多大な効能があることをご存知ですか?
「美容ブログ」で紹介されているその効能を見てみてビックリ!
 

・アンチエイジング効果
…体を錆びさせ、老化のもとになる「活性酸素」が発生するのを防ぐ「抗酸化作用」がある。米国農務省の調査によると、43種類のフルーツや野菜のなかでもブルーベリーの抗酸化作用は群を抜いているとか。
・子宮ガン予防
…ブルーベリーに含まれている葉酸は子宮がんの予防に効果があり、また妊娠中の胎児にもよい影響がある。葉酸にはほかにも、コレステロール値を正常化したり消化を助けたり、というはたらきが。
・尿管感染症のリスク低下
…尿管の細胞たちにバクテリアがつくのを防ぎ、尿管の健康を促進してくれる。尿管感染症のリスクも低下。
・動脈硬化や高血圧症・心筋梗塞・脳血管障害などの予防
…心臓の血脈の病気や動悸の原因となる悪玉コレステロールの生成を軽減する。毛細血管を強化し、血栓を防ぐ。
・潰瘍性大腸炎など胃腸の病気の予防
…ブルーベリーに含まれる食物繊維には潰瘍性大腸炎などを防ぐはたらきがある。含有量も食物繊維が多いと言われているキウイやバナナよりはるかに多い。

……かわいらしいブルーベリー、なんだかすごい効能のあるスーパーフルーツに思えてきますね。とくにアンチエイジング効果に注目が集まっているので、これからさらに大きなブルーベリーブームがやってくるかも!?
また、ブルーベリーは血糖値の上昇スピードを示すG1値も低いので、ダイエット中の人にも安心と言えそうです。
摂取量としては、1日半カップ程度(100~125cc)が効果的と考えられており、その効能は摂取後3~4時間後から現れ24時間後にはなくなると言われているので、毎日の摂取が望ましいよう。
おいしいブルーベリーを食べて美容効果も得られるなんて、まさに一挙両得ですね!
ただ、ブルーベリーは放射性物質を取り込みやすい果物としても有名です。ヨーロッパでもいまだにチェルノブイリの放射能汚染の影響が残っているようですし、日本でも関東・東北産のブルーベリーから次々と高濃度セシウムが検出されているそう。
安全・安心なブルーベリーの力を借りて、いつまでも若々しくいられたら素敵ですね!
photo by Thinkstock/Getty Images
美容ブログブルーベリー 放射能 放射性物質 セシウム
(小坂井良子)



(マイスピ)記事関連リンク
「堂島ロール」で有名なあの店でかわいいキティちゃんコラボスイーツが登場☆
やせすぎは恋を遠ざけるモト!? 食欲のない真夏を乗り切るプチごはん
女子の味方! ヘルシーなチョコレート「ローチョコ」のつくりかた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。