ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東芝より3TバイトHDD登場! 主要メーカーの3.5インチHDDで3Tバイトモデルが出そろう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東芝より3TバイトHDD登場! 主要メーカーの3.5インチHDDで3Tバイトモデルが出そろう

東芝は容量3Tバイトを実現した3.5インチのハードディスク(以下、HDD)「DT01ACA300」をはじめ、2Tバイト、1.5Tバイトの4シリーズ合計12機種をそれぞれ製品化して、今月下旬から量産を開始すると発表した。これで3.5インチHDDでは、ウェスタンデジタル&HGST、シーゲイトに次いで東芝が加わり、3Tバイトモデルが出そろうことになる。

東芝は2.5インチHDDとSSDの世界では、それこそ老舗と呼べるほどの歴史を持っていたが3.5インチHDDでは、今年度よりの参入になる。3.5インチ製品は、ウェスタンデジタルから取得した資産を活用して生産される。この3Tバイトモデルの登場で東芝製3.5インチHDDは、250GB~3TBの幅広い製品ラインアップとなる。

主な製品としては「DT01ACA300」「DT01ACA200」「DT01ACA150」は、回転数が毎分7200回転で転送レートが高いモデル。「DT01ACA300V」「DT01ACA200V」「DT01ACA150V」は、同様に回転数が毎分7200回転で、規定時間内でデータ転送を処理する「ストリーム機能」を搭載し、遅延なく動画データ記録再生を必要とするHDDレコーダーなどに適しているとしている。

他には回転数が5700回転と5940回転の低消費電力モデルもラインナップに加えており、7200回転のモデルに比べて約19~25%の低消費電力を実現している。なお、今回の3.5インチHDDのコンシューマへのリテール販売は行われない。市場に出てくるのは周辺機器メーカーが採用したHDDとしてか、PC本体へのOEM供給、HDD単体で出てくるのは、いわゆる「バルク」と呼ばれるメーカー保証のないモデルになると思われ、その点は理解しておく必要があるだろう(ショップの保証のみ)。なお実売価格だが、他メーカーとの兼ね合いもあるので現在、容量4Tバイトが2万円ちょっとの価格設定なので、それ以下、1万円半ばあたりから出てくると予想される。

ニュースリリース
東芝

ITライフハック
ITライフハック Twitter

東芝 2.5インチ 1TB 9.5mm 5400rpm SATA Toshiba バルク品

東芝 2.5インチ 1TB 9.5mm 5400rpm SATA Toshiba バルク品
クチコミを見る

(http://news.livedoor.com/article/detail/6836455/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。