体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハイスペックだけじゃない!?使い勝手の良いドコモスマホ「ARROWS X F-10D」の使いやすさをチェック!【レビュー】

ハイスペックだけじゃない!?使い勝手の良いドコモスマホ「ARROWS X F-10D」の使いやすさをチェック!【レビュー】


ハイスペックスマホの使い勝手はいかに?
NTTドコモから発売されている富士通製Androidスマートフォン「ARROWS X F-10D」は、NVIDIA製クアッドコアCPU「Tegra 3」を搭載し、非接触充電規格である「Qi(チー)」に準拠した「おくだけ充電」にも対応した全部入りのハイスペックモデルです。

ハードウェアスペックが高いことももちろんですが、富士通が独自に開発した「新ヒューマンセントリックエンジン」と呼ばれる使う人や周囲の環境に最適化した機能にもこだわっています。

筆者もARROWS X F-10Dを購入しましたので、早速、使い勝手についてチェックしてみたいと思います。

■やっぱり気になる?電話としての実力は?
スマートフォンを2台目として持つ人がたくさんいるとはいえ、やはりスマートフォンは「電話機」。電話そのものの性能は気になるところですよね。電話機能をチェックしてみました。

着信時の画面です。電話に出るか切るかしかできない端末もありますが、ARROWS X F-10Dでは「伝言メモ」をタップすることでスムーズに留守応答することができます。とっさの時に便利な機能です。

33

通話中、周囲の状態を感知して通話音声を最適な聞きやすさに自動調節する「ぴったりボイス」という機能が働きます。画面の状態では「静か」であると判断されているようです。

32

相手の声を聞きやすく変換する「スーパーはっきりボイス3」、、あらかじめ登録した使用者の年齢に合わせた音質に調節する「あわせるボイス2」、相手の話す速さをゆっくり聞こえるように調節する「ゆっくりボイス」に対応しており、通話中に切り替えることができます。

筆者もいろいろと設定を変えて試してみましたが、はっきりボイスをONにすると通話品質がかなりクリアになりました。

周囲の騒音レベルを判断して、自動的に着信音量を変える「気配り着信」にも対応しています。シーンとした場所で大音量で着信音が鳴るのはかなりびっくりしますので、嬉しい機能だと思います。

46

■ありそうでなかった?通知エリアのカスタマイズ
最近のAndroidスマートフォンの通知画面にWi-FiやBluetoothなどの切替ボタンが付いているものが多くなりましたが、メーカーごとに項目も違い、自分の使い方に合わないと感じている人もいるのではないでしょうか。

通知画面に8つの切替ボタンが配置されていますが、この項目をユーザーの好みにカスタマイズすることができます。ボタン長押しで編集モードになりますので、好きな項目に変更することができますよ!

Screenshot_2012-08-06-12-47-36
1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会