体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモ、GALAXY SII SC-02CのAndroid 4.0 ICSへのOSバージョンアップを再開!Android 4.0適用後の不具合も解消

NTTドコモ、GALAXY SII SC-02CのAndroid 4.0 ICSへのOSバージョンアップを再開!Android 4.0適用後の不具合も解消


GALAXY SII SC-02CのAndroid 4.0へのソフトウェア更新を再開!
NTTドコモは7日、昨夏モデルのスマートフォン「GALAXY SII SC-02C」(サムスン電子製)において一時停止していたAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)へのOSバージョンアップをするためのソフトウェア更新を再開したことをお知らせしています。

GALAXY SII SC-02CのAndroid 4.0へのOSバージョンアップは7月3日(火)に提供開始されましたが、その後、バージョンアップ後に一部の端末でキーボードが強制終了し文字入力ができない不具合が見つかったとして直後にOSバージョンアップをするためのソフトウェア更新を一時停止していました。

今回のソフトウェア更新における主なアップデート内容は以下の3点で、改善される事象は以下の1点、さらに、7月3日に提供したOSバージョンアップを実施した場合に2点の不具合が修正されます。

※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

主なアップデート内容
・Android 4.0に対応
・「フェイスアンロック(画面ロック解除)」の追加、メニューの変更(サブメニューのリスト化、設定メニューのカテゴリ分けなど)、バッテリー残量表示などに対応
・アプリケーションの追加(Playムービー、災害用キット)

 「GALAXY S II SC-02C」OSバージョンアップ詳細(PDF形式:1,439KB)

改善される事象
・特定のエリアで、Gガイド番組表アプリからワンセグが起動できない場合がある。

2012年7月3日に提供したOSバージョンアップを実施いただいたお客様は、下記の事象について改善を実施いたします
・Samsung日本語キーボードが強制終了し、文字入力ができない場合がある。
・プリインストールされている特定のアプリケーションが、正常に起動しない場合がある。

02

更新にかかる時間は、端末本体による方法でAndroid 2.3からの場合が約50分、Android 4.0からの場合が約5分、パソコン接続による方法で約100分です。なお、パソコン接続による方法では、1回の更新で最新のバージョンにすることができ、更新にかかる時間は、ユーザーの利用環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるということです。

ソフトウェア更新の提供期間は2015年8月31日まで。GALAXY SII SC-02Cのソフトウェア更新は今回で6回目です。ソフトウェア更新の手順は以下のようになります。

■端末本体による方法
Android 2.3からAndroid 4.0へのアップデート
 「Wi-Fi」を利用して、ソフトウェアの更新を行います。
Android 4.0からAndroid 4.0へのアップデート
 「Wi-Fi」または、「パケット通信」を利用して、ソフトウェアの更新を行います。
 「アプリケーション」⇒「設定」⇒「端末情報」⇒「ソフトウェア更新」

※ご利用のバージョンが古い場合は、1回の更新で最新のバージョンにすることができません。最大4回ソフトウェア更新を実施する必要があります。
※自動更新は非対応です。手動での更新となります。
※更新には、GoogleアカウントおよびSamsungアカウントの設定が必要です。(Samsungアカウントを設定する際は、ドコモUIMカード(FOMAカード)が必要です。)
※「docomo Wi-Fi」エリア内のお客様は「docomo Wi-Fi」を利用してソフトウェア更新を行うことが可能です。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会