体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ぐっどうぃる博士「もう日本人の成功哲学本は読まなくていい」!?

 巷に溢れる成功哲学やスキルアップの本。しかし、多くの人はそうした本を読んでも、なかなか「成功」を実感できないのではないでしょうか。

 では、「成功哲学」はウソだったのか? 恋愛カウンセラーとして活躍するぐっどうぃる博士は「スタンダードとなっている成功哲学は古くて不完全なもの」と言い切ります。
 実はぐっどうぃる博士は、恋愛と同じくらい成功哲学を重要なテーマと位置づけているそうで、『夢を叶えるアカデミー』(扶桑社/刊)で博士が気付いた“普通の人でも成功の役に立つ”13個の定理を公開します。
 博士が考える成功に最も必要な定理とは? 今回はぐっどうぃる博士にインタビューを行いました。その後編をお届けします。(新刊JP編集部)

■日本人の書いた成功哲学の本はもう読まなくてもいい?

―成功哲学というと、「成功」という言葉が先行してしまう部分があると思います。先ほど博士がおっしゃったように、私たちの価値観の中心はお金ではなくなってきたという部分があると思うのですが、今、私たちは成功というものをどう捉えるべきでしょうか。

「成功は心の中で起きていることです。自分がその状態にたどり着いて、心から幸せと感じられる状態が成功だと思うんですよね。じゃあ、どうすれば幸せにたどり着けるのか、それは、強引に言ってしまうと、『この世界をどこまで思い通りに変えることができるか』、そして『どの世界に自分が幸せを感じることができるか』、この2つの接点だと思うんです。
どういうことかというと、例えば、ある人は巨万の富がないと成功を感じられません。その場合、正しい努力をたくさんしないと、幸せに到達出来ないかもしれませんよね。一方、そんなにお金持ちじゃなくても幸せを感じられる人は、努力の仕方を少し間違ってもたどり着けるでしょうし、そもそも、そこまで頑張らなくてもいいんです。それで十分成功なんですよ。今の説明は、単純化したものですが、接点の位置はもっと多様で人それぞれです」

―どこで満足できるかというのは、人それぞれで変わってくる部分ですよね。

「でも、自分のことを分かっていないと、どこで満足できるかも分からなかったりするんですよね。自分にとって何が幸せなのか分からないときは、他の人が幸せそうに見えて、そこを目指してしまう。“可愛い恋人がいるAがうらやましい”“公務員で安定しているBが幸せそうだ”なんて感じに。自分のことを分かっていないと、必死に努力して、そこにたどり着いても、実は『幸せじゃなかった』『何かが足りない』と思ってしまうことも多いでしょう」

―本書には「山田君」という主人公が出てきますが、このキャラクターにモデルはいるのですか?

「山田君は一般の中でも、少しダメな人を設定しました。モデルもいまして、うちの会社にいたAという人物ですね。社内でこのAを成功させることができたらすごいということになりまして、その方法を考えているときにこの連載の話が来たんです。そこで、Aを成功させるという狙いで書き始めたのですが、実はもう会社を辞めてしまっていて(苦笑)。
ただ、書いていて、僕自身にもこの山田君と同じ部分はあるなと思いましたし、やはり、山田君みたいな人が成功しないと意味がないなと思いました」

―本書には「成功の13のセオリー」という副題が付いているように、成功のための13の定理が紹介されています。この13の中で最も重要だと思う定理はなんですか?

「1つの定理だけでは成功できません。例えば、僕はちょっと前に、ある目的のため、テレビ番組に出演したいと思っていました。そして、ある、とても力のある方に気にいって頂き、誰もが知っているテレビ番組に何度か出演させてもらったわけです。これって人間関係ですよね。でも、自分で言うのもなんですが、そもそもその方に好かれたからといって実力や実績、もしくは自分にニーズがなければ、その番組に出ることはできなかったと思います。さらに言えば、僕は最近テレビに出ていません。これは、テレビ番組の制作者に僕が役立てなかったことを意味しています。これも皮肉ですが、人間関係だけでは成功出来ないことの証明でしょう。
13の定理はどれも重要ですから注意深く読んで欲しいです。養老孟司さんの『バカの壁』という本がありましたが、同じように、読んでいくと『あ、この内容知ってる』というところがたくさん出てくると思います。でも、実は『知っているな』と思っている以上のことが書いてあるはずなので、最後のオチまで、一文一文きちんと読んで欲しいと思いますね。なるほど、こういうことだったのか、と。バカの壁を超えて欲しい気持ちがあります」

1 2次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。