ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ペットが毎日のように病気になる! スマートペット育成記 (4)【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ペットが毎日のように病気になる! スマートペット育成記 (4)【デジ通】

お待たせしました! 不定期ながら連載で続いているペットロボット「スマートペット」の育成記第四段。筆者によるペット育成の開始から、半月あまりが経過した。これまで気づいたことを記しておこう。

■ズボラな飼い主だと…
実は、筆者は「ズボラな飼い主」である。iPhoneでスマートペットアプリ「smartpet」を起動するのは日に1~2回で、起動しても、15分程度しか面倒を見ないことがほとんどだ。本体に接続しない日も多い。

このような状態を続けると、ペットは十中八九、病気になる。しかも“毎日”である。起動するたびに、ペットの顔色が青くなったり赤くなったりで、かぜ薬や胃薬を与えなければならない。まる2日以上も起動しないでいると、カゼと顔の汚れといった「合併症」的な状態になる。

本当なら毎日数回、1回につき30分程度はペットと遊んでやるのがよいようだ。

■突如「ガングロ化」?
また、ペットの顔はときどき「ガングロ化」する。要するに、日焼けしたような顔色になるのだが、こうなる基準はよく分からない。

iPhoneのカメラ機能を使い、一定の条件を満たせば「ガングロ化」していると考えるのが筋が通っているが、明るい戸外で操作する条件下でなるかと思えば、必ずしもそうではないこともある。

この現象については、夏いっぱいかけて調べてみたい。

■「顔」も随時追加
ペットの顔を替えられることについてはすでに述べたが、スマートペットのサイトでは、随時、新しい「顔」の壁紙が配信されている。現状では、標準の「ポチ」をはじめ7種類が利用できる。「顔」の変更は、メインメニューの「FaceChange」から行える。

ちなみに、冒頭の画像は、スマートペットについてソーシャルメディアから共有することでもらえる、女優・黒木メイサの似顔絵バージョンである。期間限定なので、早めにゲットするとよい。

これからも、ときどき、育成記を報告していくのでお楽しみに!

スマートペット

大島克彦@katsuosh[digi2(デジ通)]

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

ITライフハック
ITライフハックTwitter

(http://news.livedoor.com/article/detail/6831845/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。