体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エレコム、NFCで通信するスマートフォン向け折たたみ式シリコンキーボード「TK-FNS040BK」を8月下旬に発売

エレコムは8月7日、業界初となる近距離無線通信の国際規格 NFCで通信するスマートフォン向け折たたみ式キーボード「TK-FNS040BK」を8月下旬に発売すると発表しました。標準価格は18,690円(税込み)。「TK-FNS040BK」の中央にNFC IP-1(ISO/IEC 18092)準拠のNFCチップが埋め込まれており、そこに対応するスマートフォンをおくだけでキー入力ができるというもの(専用アプリにインストールが必要です)。対応機種はNFC(ISO/IEC 18092、およびISO/IEC 14443 Type A)対応のAndroidスマートフォン。Galaxy Nexus、Xpeira S、Galaxy S II WiMAX ISW11SCなどがあります。FeliCa(おサイフケータイ)端末では利用不可。製品はノルウェーのベンチャー企業「One2Touch」社との共同開発により生まれた製品とのこと。独自45キー配列を採用したキーボードで、キーにはシリコンが使用されています。折りたたむことも可能です。製品には折りたたんで収納できる専用ケースも付属します。寸法は(横幅)341.0mm×(奥行)65.0mm×(高さ)8.6mm。質量は144g。キーストロークは1.0mm。キーピッチは15.0mm。内蔵バッテリーで動作し、1日8時間使用した場合、約1年半電池交換不要で利用できるとのこと。

Source : エレコム



(juggly.cn)記事関連リンク
LG、Optimus Lシリーズへのクイックメモ機能追加と新色”ピンク”の発売を発表
Galaxyスマートフォン4機種のAndroid 4.1(Jelly Bean)アップグレードに関する内部情報が流出
Holo LauncherのJelly Beanバージョン「Holo Launcher HD」がGoogle Playストアで公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。