ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

イーストウッドを越えるか?ベン・アフレックが贈る極上サスペンス『アルゴ』予告編が解禁

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
イーストウッドを越えるか?ベン・アフレックが贈る極上サスペンス『アルゴ』予告編が解禁

(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. 写真一覧(2件)

 1979年11月4日、イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派が52人の人質を取り、アメリカ大使館を占拠。この混沌の中、6人のアメリカ人が逃げ出すことに成功し、カナダ大使の自宅に身を隠した。彼らが殺害されてしまうのは時間の問題だと知りながら、CIAの救出作戦のエキスパートは、彼らを救出する為のある危険な作戦を思いつく。それはあまりにも意表をつく、映画でしか起こりえないような作戦だった。
 『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『ザ・タウン』に続くベン・アフレック監督第3作『アルゴ』の日本公開が決定。さらに予告編が解禁となった。

 監督・主演さらに製作もつとめるベン・アフレックは、近年監督としてめざましい活躍を見せている。元々『グッドウィルハンティング/旅立ち』で主演のマット・デイモンとともにアカデミー脚本賞を受賞する才人だったが、その後は『アルマゲドン』などの娯楽大作に多く出演。ハリウッドスターとしての印象が強かった。しかし初監督作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』でナショナル・ボード・オブ・レビュー賞など数々の賞を受賞。さらに続く第2作『ザ・タウン』は主演のジェレミー・レナーがアカデミー主演男優賞候補となり、全米初登場1位を記録。監督としての彼の評価は今やうなぎのぼりで、第二のクリント・イーストウッドとの声も上がるほどだ。
 製作には同じくアカデミー賞俳優であり、映画監督・製作者のジョージ・クルーニーが名を連ね、各映画祭での賞レースに絡んでくることは必至。公開された今回の予告だけでも、緊迫感を持ちながらどこかユーモラスな、極上サスペンスに仕上がっていることがわかる。早くも傑作との呼び声高い、本作の続報を待ちたい。

『アルゴ』は10月26日(金)、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

『アルゴ』 – 公式サイト

【MOVIE ENTER おすすめコンテンツ】
「編集部的映画批評」 – 編集部の視点でオススメ映画をピックアップ!
「オトナ女子映画部」 – 恋する“オトナ女子”がいま観ておきたい映画を
「漫画コラム」 – 名作・珍作映画をリスペクトしてマンガで解説
「DVDエンター!」 – 見逃せないこの1本をあなたに!

MOVIE ENTERのTOPへ

(http://news.livedoor.com/article/detail/6831340/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。