体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタイラスとの相性抜群!コミケカタログを持ち歩ける「CC-Viewer」(導入編)【WindowsMobileアプリ】

スタイラスとの相性抜群!コミケカタログを持ち歩ける「CC-Viewer」(導入編)【WindowsMobileアプリ】


この夏、聖地へ赴くすべての戦士(Windows Mobileユーザー)たちにオススメするアプリ!
今週末はいよいよ夏のイベント「コミケ82」ですね!コミックマーケットでは、会場のブースやサークルスペースをまとめたカタログが冊子の形態(あのサイズだと辞典とかタウンページクラスとも……)か専用アプリケーションを備えたWindowsやMAC向けDVDとして販売されています。

参加する人の中には「戦利品の持ち運びもあるからなるべく手荷物は軽くしたい!」というような人も多いかと思います。特に初日イベントブースと3日目東館は……。

感圧式タッチパネルのディスプレイだからこその使い勝手の良さでオススメなWindows Mobile向けのスマートフォンにインストールできるコミケカタログビューワーアプリの「CC-Viewer」を紹介します!

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でWindows Mobileアプリを紹介するのは相当に久しぶり。今回は、ちょぴり手のかかる導入までの流れを解説します。

なお、コミックマーケット82カタログDVDが別途必要になりますのでご注意ください。
■聖戦への備えの下準備(セットアップとデータインストール)
まずは配布元の「はづき倶楽部」のページの「WM版コミケカタログブラウザ」のタグから該当ページへ。

CC-Viewer本体がZIP形式でダウンロードできるので速やかにダウンロードし、解凍します。

スマートフォン単体でダウンロードしていない場合は外部メモリーカードか、Windows Mobileデバイスセンター(またはActive Sync)を使ってスマートフォン側の任意のフォルダーに移します。インストールについては後で説明します。

なお、Android版のCC-Viewerもあるものの未実装機能が多々見られるので今回は存在することだけをお伝えしておきます。

01

PC側でダウンロードしたZIPファイルを解凍した直後、まさに「ZIPでくれ」るわけです。(こちらはインストーラ版)

インストーラなし版を選んだ中級者以上の人についてですが、どう扱えばいいのか「わかってる」と思うのでそちらに関しては割愛します。

続いて、カタログデータをスマートフォン側にコピーします。

PCのOSがWindowsVista以降の場合はPC側で非常に簡単にファイル操作ができる(Vista以前のActiveSyncでも一応可能)ので、ここではWindows Mobileデバイスセンターを使って作業を行います。

02

Windows Mobileデバイスセンターの「ファイルの管理」→「デバイスのコンテンツの参照」を選ぶことで端末側のフォルダを開くことができます。

コミケ82カタログDVDをPCの光学ディスクドライブへ入れたら、出てくるメニューからインストールではなく「フォルダを開いてファイルを表示」を選びます。マイコンピュータから開いても可。

ディスクのフォルダから「DATA82N」というフォルダをWindows Mobileのメモリカードスロットの直下にそのままコピーします。

04

必ず、メモリーカードの直下(他のフォルダ内に入れてはいけないということ)に入れるようにしないとあとでアプリが認識してくれませんのでご注意を。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。