ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

肝臓よわっていない? 9割の女子を襲うストレスの実態

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
120806stress.jpg

女性の社会進出が当然となった昨今。
ナガセ ビューティケアが実施した「働く女性のストレスと健康に関する意識調査」によると、仕事をしている女性のうち、9割が身体的な疲れを感じているそう。また、心のストレスを感じている女性も8割いて、20代にいたっては9割以上が心身ともに大きな疲労感を抱えているんだとか。
みなさん、疲れているんですねえ。
アンチエイジングサイエンスの第一人者・白澤卓二先生によると、こういった女性の日常的な悩みの原因のひとつとして、肝臓との関連性があるのではないか? とのこと。
 
体の疲れの主な原因としては「睡眠不足」「ストレス」「仕事が忙しい」「運動不足」というものが並んでいますが、こういった日常的な疲れは肝臓に負担をかけ、さらに疲れが増すという悪循環も引き起こすと言うのです!
というのも、慢性疲労によって体内の解毒機能を司る肝臓の機能が低下すると、デトックスがうまくいかなくなってしまうそう。結果、毒素をため込んでしまい、心身の不調の原因になるんですね。
肝臓=お酒、というイメージが根強くありますが、アンケート結果によると疲労度のもっとも高い20代女子はあまりお酒を飲まず、飲んでも休日前だけ、という傾向に。
普段お酒を飲んでいる人に比べて飲まない人はあまり肝臓のことを意識せず、ついついおろそかにしがちなようですが、肝臓は自覚症状が出にくい「沈黙の臓器」と呼ばれているので、飲まない人こそ注意が必要なのかもしれません。
Gooヘルスケアを引用すると、肝臓の主なはたらきは

(1)代謝
食事でとった食べ物は胃や腸で消化されて吸収しやすい成分に変わり、門脈を流れる血液によって肝臓に運ばれます。肝臓はそれをいったん貯蔵し、体内で利用できる形に変換・合成して、必要に応じて体内のあちこちへ送り出すのです。この一連の働きを「物質代謝」といいます。
(2)解毒
体内に入ってきたアルコール、薬、食品添加物などの化学物質や体内でつくられたアンモニアなど、体に有害な物質を分解して無毒化し、尿や便として体外に排出します。
(3)胆汁の生成
胆汁は脂肪の分解や、あぶらに溶けやすい脂溶性ビタミンの消化・吸収を助ける働きをします。肝臓が分泌した胆汁は、胆管(胆道)でつながっている胆のうに蓄積されて濃縮され、胃から十二指腸に食物が流れてくるとその消化・吸収のために十二指腸内に放出されます。

の3つに分けられるそう。見えないところでがんばってくれているんですね。
スーパーに並んでいるほとんどの食品には添加物が使用されていますし、外食もしかり。お酒を飲まなくても、日々の生活のなかで肝臓には相当の負担をかけていることは知っておいたほうがよいでしょう。
なお、肝臓の病気の症状としてはだるさ、疲れやすさ、食欲不振、お酒が飲めなくなる、上腹部の痛み、黄疸(おうだん)などが挙げられています。
定期的な健康診断や正しい食生活を心がけ、肝臓が疲れきってしまう前に疲労やストレスとサヨナラしましょう!
photo by Thinkstock/Getty Images
PR TIMES
(小坂井良子)



(マイスピ)記事関連リンク
神社のように参拝しておみくじが引ける! 大阪・本町の『GENMAI CAFE』
食べるだけで美肌や脚痩せに効果も!? 大注目のがごめ昆布って何?
3日坊主でも安心! 満月の日に行うと効果がでやすい1dayダイエット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。