体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

崖っぷちから這い上がった復活のマーメイド

戦後最多、ロス五輪に次ぐ2位タイとなるメダル総数11個(銀3、銅8)という結果を残したロンドン五輪競泳日本代表。男子のエース北島康介に期待の金メダルが生まれなかったのは残念だが、今大会は女子勢の健闘も目立った。

中でも、シドニー五輪以来12年ぶりとなる銅メダルを獲得した女子400メートルメドレーリレーは、日本新記録のおまけつきで、お茶の間を興奮の坩堝に誘った。第一泳者を務めたのは、27歳の寺川綾だ。

言わずと知れた美女スイマーである寺川は、高校生の頃から「美人女子高生スイマー」などと注目され、その動向は常にマスコミの注目の的だった。

しかしアテネ五輪で8位入賞以降、伸び悩む時期が続き、2006年にはついに日本代表から漏れてしまう。一時は表舞台から姿を消したが、北島康介らを指導した平井伯昌に師事すると、徐々に復活の兆しを見せ始め、2011年の世界選手権では銀メダル獲得。翌4月の日本選手権では日本新記録で優勝し、ロンドン五輪代表の座を射止めた。

精神的にも肉体的にも辛く苦しい時を経て、復活したマーメイド。流した汗と涙は、「これを目指していたので、これ以上のものはありません。本当にうれしいです」と語る銅メダルをより一層輝かせている。

(http://news.livedoor.com/article/detail/6828121/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会