体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おまけのリアカバーは付かないけど……ドコモスマホ「Optimus it L-05D」のリアカバーをカスタムしちゃいました【レポート】

おまけのリアカバーは付かないけど……ドコモスマホ「Optimus it L-05D」のリアカバーをカスタムしちゃいました【レポート】

Optimus brightには着せ替えカバーが付いてたのですが・・・
NTTドコモ 2012年夏モデルの「Optimus it L-05D」(LGエレクトロニクス製)は、誰でも選びやすいブラックやホワイトの他に元気のあるパープルとピンクがラインナップされている。

昨年発売の「Optimus bright L-07C」には、ボディーカラーのブラックとホワイトそれぞれに2色のリアカバーが付属し、着せ替えを楽しむことができたのだが、今回のOptimus it L-05Dには同色のリアカバーしか付属していないため着せ替えを楽しむことができない。

ならば、4色それぞれのリアカバーを組み合わせて着せ替えをしてみようじゃないか!というわけで、それぞれのボディーにリアカバーを装着してファッションチェックをしてみよう。

03

まずは、ホワイトにピンクのリアカバー。爽やか系でこれはありでしょう。

04

ホワイトとブラックのツートンカラー。若干重い印象となるが、メリハリがついて悪くはない。

05

ホワイトとパープルの組み合わせ。こちらも爽やかな色となり、ピンクよりはしっくりくる。ホワイトにはパープルを合わせたい。

06

ブラックのボディーにピンクを合わせると、docomo × Seventeenコラボ携帯の「SH-05Bのオトコマエピンク」を彷彿する強烈なマッチングとなった。

07

ブラックとホワイトの組み合わせは、ライトなイメージとなり普段使いにはこのカラーバリエーションが良いのではないだろうか。

08

ブラックとパープルは、やや暑苦しい感じもするが極端な破綻もなくこれもありなのではないだろうか。

09

ピンクのボディーにブラックのリアカバーは、悪くはないが敢えてこの組み合わせを選ぶかというと微妙なところ。ピンクは好きだけどピンクを使っているのが恥ずかしいと言うシチュエーション用だろうか。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。