ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

今でも、後でも読めるニュースがここにある!スマホでもタブレットでも読みやすいITニュース活用法【ITニュースで目指せ情報通】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今でも、後でも読めるニュースがここにある!スマホでもタブレットでも読みやすいITニュース活用法【ITニュースで目指せ情報通】

「情報を制するものは世界制す」とまで言われていますが、ネット時代の今、まさに情報を上手に活用できないと、仕事や友人関係でもドロップアウトしかねません。特にIT分野やハイテク関連の情報は、最新情報が日々更新されており、ほんの少し目を離しているだけで、浦島太郎状態になるほどです。

とはいえ、IT関連サイトを定期的にチェックしたり、サイト毎のRSSを集めるのは結構な手間でチェックするのも面倒だったりします。

そんなIT関連の最新情報を、すばやく短時間でチェックできるのが、「ITニュース by livedoor ニュース(以下、ITニュース)」です。

最新のニュースチェックで欠かせないのが、複数のニュースソースがチェックできることです。多様化するニュース情報は、提供する媒体で情報が違ったり、分析も違ったりしています。1つのニュースソースしかないと正しい情報や見解を確認したとはいえないからです。

次に大事なのは、やはり見やすさです。気になるニュースがあっても、外出先や移動中、利用している端末の違いで見やすさが変わっては、素早く快適にチェックはできません。さらに、外出先や仕事中だと、その場で詳細内容までチェックできないケースも多いので、あとで読んだり、パソコンなどでも読める機能も大切です。

ITニュースは、IT業界の動向を、様々なサイトから発信される情報を1つのアプリで確認できるだけでなく、モバイルやITビジネス、Webサービスなどのカテゴリに整理されてチェックすることができます。さらに画面を左右にスワイプ(指で移動)させるだけで、カテゴリの他の記事も、どんどんスライドして読めるので、一気に情報をチェックできます。

また、その場で詳細まで読めない場合は、ブックマークや履歴機能で、あとからでもじっくり読んだり、シェア機能でFacebookやTwitterに発信したり、Evernoteにリンクを転送したりできますので、あとでパソコンで読むといったことも簡単にできるのです。

また、最近では、大画面の5インチスマートフォンや、さらに大画面の7インチ~10インチタブレットも登場し、ニュースチェックする端末も多様化しています。
ITニュースは、こうした画面サイズのことなる端末でも快適にニュースチェックが可能です。

そこで今回は、ITニュースで、便利なニュースチェックの方法を紹介します。

■がっつり読みたい人は、全文記事を一気見できる「スワイプ」が便利
ITニュースには、最新のタイトルが一覧できる「すべて」と記事全文を読める詳細ページがあります。ざっと最新のニュースをチェックするだけならタイトル一覧の「すべて」を見ればすみますが、やっぱり全文をしっかり読みたいという人もおおいでしょう。

しかし、全文表示から一覧に戻って、また全文を表示させるのは、とても面倒です。そこで、使いたいのが「スワイプ」機能です。

全文表示画面を左右にスライドさせると、今みているカテゴリの全文記事が次々に切り替わるのです。これでもいちいち一覧ページにもどらなくても、全文記事を一気読みができるというわけです。また「14/50」のように、今見ている記事が何番目の記事かも確認できます。

今でも、後でも読めるニュースがここにある!スマホでもタブレットでも読みやすいITニュース活用法【ITニュースで目指せ情報通】見ているカテゴリの全記事をサクサク切り換えられる。

■大画面でもフォントサイズを変更で快適ニュース閲覧
7インチや10インチなどのタブレットでニュースをみれば、一覧表示でより沢山の記事がチェックできて便利ですが、全文表示では文字がちょっと小さくなってしまいます。

そこで、ITニュースでは、全文表示での文字サイズをワンタッチで大きくすることができます。使い方は簡単で、ニュース記事の詳細画面で端末のメニューボタンを押して「フォント」をタップするだけ。これで記事のフォントサイズの大小を切り替えることができます。

今でも、後でも読めるニュースがここにある!スマホでもタブレットでも読みやすいITニュース活用法【ITニュースで目指せ情報通】メニューのフォントボタンで、文字の大小を切り換えることができます。 今でも、後でも読めるニュースがここにある!スマホでもタブレットでも読みやすいITニュース活用法【ITニュースで目指せ情報通】10インチタブレットでもフォントサイズをワンタッチで切り換えてみやすくできます。

■あとで読みたいた時は、ブックマーク閲覧履歴でじっくり読める
ニュースには、簡単に読める速報的なものと、じっくり読みたい解説的な記事があります。

とくに解説的記事は、外出先や移動中でなく、会社のデスクに戻ったり、自宅でじっくり読み直したいものです。

そんな時に活用してほしいのが、「ブックマーク」です。記事タイトルの右端のリボンマークをタップするだけで、ブックマークに登録されますので、あとで読み直すとき、記事を検索したり、手動で探す手間が入らなくなります。

今でも、後でも読めるニュースがここにある!スマホでもタブレットでも読みやすいITニュース活用法【ITニュースで目指せ情報通】一覧画面の旗のマークをタップでブックマークに登録。

また、途中まで読んでいてブックマークできずに閉じちゃったという場合も、大丈夫です。ITニュースには「閲覧履歴」機能があります。「閲覧履歴」は見た記事を記録していますので、途中までしか読めなかった記事でも、すぐ見つけることができます。

今でも、後でも読めるニュースがここにある!スマホでもタブレットでも読みやすいITニュース活用法【ITニュースで目指せ情報通】

「ITニュース」は、3インチ台から10インチ台まで、画面サイズが違っていても、素早く快適で、見やすくニュースを読むことができます。

ブックマークや閲覧履歴も使えば、忙しいときは、後からニュースをじっくり読むことができます。ITニュースは早くニュースを読みたい人でも、じっくりニュースを読みたい人でも楽しめるアプリと言えるでしょう。

ITニュース by livedoor ニュース – iTunes App Store
ITニュース by livedoor ニュース – Google Play

ITライフハック
ITライフハック Twitter

(http://news.livedoor.com/article/detail/6823909/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。