ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『千日の瑠璃』51日目——私は火花だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は火花だ。

まともとは言い難い情念と、比類のない腕前に煽られて、闇に飛び散る、溶接の火花だ。男は今夜もまた、橋桁用の立方体の鋼材をすっぱりと切断して、薪ストーブを作っている。五年前の誕生日、雨曇りの朝、彼はなぜか突然私に魅せられたのだ。焚火にじっと見入っていた彼の眼が異様に輝き、決断の大音声が飛び出した。そして彼は溶接工の資格を取得し、周囲の猛反対を押し切って勤め人を辞めた。きょう三十五歳になった彼が作るストーブは、日毎に風格を増している。工芸品を上回る美を感ずる者まで現われるようになった。

しかし、収入には結びつかず、ひとり分の口過ぎにしかならなかった。妻子に見限られ、遂に去られ、独りになった。それでも彼は私とだけは縁を切らなかった。彼の一番の関心事はストーブの出来栄えではなく、あくまでこの私だった。昼間眠って夜働くのも、陽光に妨げられることなく、心ゆくまで私に浸りたかったからだ。彼は私のなかに活路を見出し、少しも衒うことなく私と接し、私にのめりこみ、私を以て足れりとしている。

垣根越しに私を見つめている者がいる。ひとりの女が我を忘れて私を……いや、私が照らし出す男を注視しているのだ。彼女の傍らには、奇妙よりも奇怪と表現したくなるような少年が、揺れながら立っている。少年は早く家に帰りたがって、姉を急き立てる。だが、男に見とれる女はいつまでも動かない。
(11・20・日)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。