体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インタビュー:倉科カナ「実力と努力でモテたい」

倉科カナ
 『容疑者Xの献身』『白夜行』『麒麟の翼』など原作、映画ともに大ヒットを記録している国民的作家、東野圭吾。1995年に発売された「怪笑小説」から今年1月に発売された最新刊「歪笑小説」まで、ミステリーの巨匠である彼の知られざる“笑い”のこだわり作品が、満を持してドラマ化される。 8月1日より配信開始となった第1笑『モテモテ・スプレー』では、濱田岳演じる非モテ男子のタカシが、絶対にモテるという「モテモテ・スプレー」の力を借りて、同僚のアユミを口説こうと奮闘。 全文
MOVIE ENTER 08月03日 12時40分

(http://news.livedoor.com/article/detail/6820381/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。